「バッフーン!」おじさんみたいなのに!?私が彼との結婚を決意した瞬間

「バッフーン!」おじさんみたいなのに!?私が彼との結婚を決意した瞬間

私は彼と20歳で付き合い始めました。そんなある日、彼と電話をしていたときに起こった出来事で彼との結婚を決意することになりました。彼からの意外な反応、そして彼の言葉を聞いて「この人を逃してはいけない!」と思ったというエピソードです。

結婚してからも相変わらず言葉数の少ない彼ですが、私のことを思ってくれているのはなんとなく伝わってきます。休みの日は私と一緒に行動しようとしたり、夜は私が布団に入るまで待っていたり、布団の中で私に抱きついてきたり……。そういう彼の行動で「ちゃんと好きでいてくれてるんだな」と感じています。私も、彼に幻滅されないよう、産後太りを早く解消しようと思います(笑)。

原案/浅尾ようこさん
マンガ/今井美保

結婚カテゴリーの最新記事