彼氏とのお泊りで…「ま、まさか」二度と経験したくない恥ずかしい体験談

彼氏とのお泊りで…「ま、まさか」二度と経験したくない恥ずかしい体験談

彼氏の誕生日お祝いで高級ホテルにお泊まりデートの夜。今日は来ないと思っていた生理が突然来てしまいました。初めて彼氏の前で赤っ恥をかいた私の苦い体験談を紹介します。

一番嫌なタイミングで生理が始まった…

その日は彼の誕生日で、奮発して高級ホテルでお泊まりデートをすることになっていました。月経開始予定日は2日後だったので少し気になってはいましたが、さすがに今日は来ないだろうと思っていたのです。

誕生日のデートを楽しく過ごしたその夜、宿泊先のホテルのベッドで彼氏とまったりイチャイチャモードに。ところが、最悪なことに夜の営みの直前に生理が始まったようで……。鈍感な私は、生理が来たことにまったく気づかずそのまま事が進んでしまいました……。

彼氏の手が真っ赤に!

明かりは消していたのですが、彼の手に血がついてしまったようで、その感触で彼が異変に気付きました。「血がついているみたい。どこかケガした? それか生理来てる?」と彼。私は慌てて確認すると、時すでに遅し。念のためショーツにナプキンはつけていましたが、それでは足りずに漏れてしまい、シーツまで赤く染まってしまいました。

生理になったことに気づかなかったことと、シーツを汚してしまったことへの羞恥心で私はパニック! もちろん盛り上がりモードもすっかり冷め、私は必死で掃除をしました。

記念日デートがただの苦い思い出に…

彼には一度シャワーに入ってもらい、その間に備品のせっけんを溶かしてせっけん水を作り、タオルに含んでなるべく汚れを取ろうとしたのですが、きれいに落ちることはなく……。結局、ホテルの方に事情を話して今回は清掃代金の追加もなく帰らせてもらいました。

せっかくの記念日デートが、忘れたくても忘れられない苦い思い出になってしまいました。私もショックでしたが、彼のほうが苦い思い出になってしまったと思います。これからは生理前はもっと注意して、念のため彼にも伝えておこうと思いました。

まとめ

月経記録を日頃からつけていたことで、ある程度生理が始まる時期は予想はできていました。しかし、体調や環境変化による生理日のズレを含めてきちんと活用できていなかったと反省……。生理現象をコントロールすることは難しいですが、今後は人に迷惑をかけないよう生理前の予定には気を付けようと思った一日でした。

著者:たなか りん

生理コントロールカテゴリーの最新記事