「私ってフツーじゃないの?」婦人科でビックリ。もっと早く行っていれば

「私ってフツーじゃないの?」婦人科でビックリ。もっと早く行っていれば

私は、生理周期が安定せず、生理痛でも苦しんでいました。でも、生理不順も生理痛も、普通のことだと思っていて……。いつも市販薬を飲んで耐えていましたが、あることをきっかけに、「私の生理は普通じゃない」と知ることになったのです。

その後、結婚して妊活をするために、ピルの服用をやめましたが、ピルを飲む前よりも周期が安定し、PMS(月経前症候群)や生理痛なども緩和されている気がします。ただ、ピルをやめると、どうしても経血量が増えたり、PMSや生理痛などの症状は出てきてしまうのはつらかったです。そのうえ、妊活中の生理は、妊娠できなかった事実を直視しなければならず……。心も体もつらく、げんなりしていました。

そして、今は妊娠7カ月。2人目が欲しいので、産後生理が再開しても、しばらくピルは我慢する予定ですが、その後、落ち着いたら再開したいなと思っています。

ピルは、望まない妊娠を避けるだけではなく、生理周期を整えたり、生理痛を緩和する目的でも服用できます。私自身振り返ると、高校生のときからピルを服用したかったなと思っており、婦人科に行くまで自分の経血量の多さや生理痛の重さに気づかなかったし、検診の良い機会にもなるので、高校生くらいで一度婦人科受診をしてみたらよかったのかなと思いました。もし、自分に娘ができたら、婦人科受診の敷居を高くしないように、高校生くらいになったら婦人科に連れて行きたいです。

監修/助産師REIKO
原案/にゃんころりんさん
作画/まっふ

生理コントロールカテゴリーの最新記事