「付き合って10年…」結婚に後ろ向きな彼。その気にさせた作戦とは

「付き合って10年…」結婚に後ろ向きな彼。その気にさせた作戦とは

夫とは私が大学生のころに知り合い、それから約10年、お付き合いを続けていました。10年という長い間付き合っていたのに、その間に結婚という話にならなかったのは、私がある事情を抱え、さらに彼も偏見を持っていたからなのです。

付き合って10年、結婚しなかったのは…

私と彼は付き合って10年、喧嘩することもほぼなく、穏やかに仲良く過ごしてきました。それなのに、10年という長い間、結婚しなかったのは、私が夫婦像というものに良いイメージを持っていなかったからです。

夫婦像に良いイメージがなかったのは、最も近くにいる私の両親が「日々怒鳴りあいの喧嘩をする」「人格否定のし合い」「喧嘩するとモノに当たる」という状況だったからです。

私は「いつかは結婚というものをしてみたい」とは思っていましたが、実際には結婚に対して後ろ向き。結婚に後ろ向きな私の様子を見て、夫も「まあ、まだいいか……。結婚したら負担も増えそうだし……」と思っていたそうです。

結婚しようと思ったきっかけ

そんな私が結婚しようと思ったのは、祖母が私の将来のことを心配してくれていると知ったから。

久しぶりに田舎の祖母に会って話をしていたときに、彼との宙ぶらりんな付き合い方に祖母がとても心配をしていたのです。

そんな祖母の様子を見て「昔からやさしかった祖母を不安にさせるのはだめだ……」と感じ、自分も結婚に向けて動き出していこうと思ったのです。

結婚するためにとった行動

彼とはそもそも付き合っているときに将来の話をしっかりしたことはありませんでしたが、彼は「結婚=男性側に負担が大きい」とマイナスに思っているようでした。そのため、私が彼と結婚するためには「結婚=メリットがある」ということを彼に説明し、デメリットだけじゃないんだよ、と伝え、彼の固定概念を払拭する必要がありました。

そこで私は、結婚とは将来自分が弱ったときに支えてくれるパートナーができること、絶対的な味方ができること、など思いつく限りのメリットを説明していきました。

そうやって、1~2カ月の間、結婚についての提案をし続けてみたところ、彼の結婚アレルギーも徐々に弱まっていった様子。そのタイミングで、彼との結婚に対して私が本気であることが一番伝わりそうだな、と思う行動を取ってみることにしたのです。

それは、彼を結婚式場に連れて行き、「来月に結婚するよ!」と伝えること。まだ先で良いかな~と考えていた彼は驚いた様子。でもすぐに「どうせ結婚式をするならこだわりたい!」と条件をこまかく確認してきたのは、おもしろい思い出です。

その翌月、無事に私と彼は入籍しました。

まとめ

私自身が結婚しようと思ってから入籍にいたるまで、なんと約3カ月という短い期間でした。結婚する前は、結婚に対していいイメージがなく、入籍してしまったら何か大きく変わったり、今までよりも家のことをしっかりしないといけないのでは?と不安に思っていましたが、いざ入籍をしたらカップル時代とまったく変わりはないな、というのが正直な気持ち。心配は一切いらなかったなと今は思っています。

著者/えり

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談マンガはこちら

関連記事:
「もっと早く言って…」初耳!結婚式当日、義父母から言われたこととは?
「顔見たら来ないでしょ!」と思いきや…意外な展開に!?/結婚相談所-夫編-

結婚カテゴリーの最新記事