「別れよう」結婚前に病気が判明! この先10年は子どもを望めないなんて…

「別れよう」結婚前に病気が判明! この先10年は子どもを望めないなんて…

24歳のとき、4年付き合っていた彼がいました。彼のご両親に挨拶する機会もあり、「このまま彼と結婚かな」と思っていた矢先に、私にある病気が判明!この先10年は子どもが望めないと医師から言われてしまい……。

関連リンク:
「えぇっ!本気!?」交際10年目の彼。デート中に突然…「買う?」

彼との結婚を考えていた矢先に病が判明

24歳の春、4年付き合っていた彼の大学卒業式で、彼のご両親に挨拶する機会がありました。まだ2人の間で結婚するとは決まっていなかったのですが、ご両親に紹介されたことで、「いずれは彼と結婚するのかな……」と思っていました。

ところが、その年の4月、胸にしこりが見つかり病院を受診。すると、若年性の乳がんが発覚したのです! すぐに腫瘍が大きくなるタイプだったため、5月には手術を行い、続いて抗がん剤治療、放射線治療を受けることになりました。そして、医師からは「今後10年、子どもは望めません」と言う宣告も……。

彼とは「子どもが欲しいね」なんて将来について話したこともありました。ですが、その夢をすぐに叶えることはできないし、そもそも妊娠できるとも限りません。そんな思いから「結婚できないよ。別れよう」と彼に告げたのですが、彼からの返事は、

「就職したばかりで忙しいから、まだ結婚する気にはなれない。でも、別れるつもりもないよ」。

何度も彼に別れを切り出した

手術で片胸を失い、抗がん剤で髪の毛も抜けてしまいウィッグ生活に。「こんな体じゃ……」と思い、私は彼に何度も別れを切り出しましたが、彼はいつも冗談を言ってごまかし、決してうなずいてくれませんでした。

その後、放射線治療が終わり、しばらく生理がこないようにする内服治療のみになった26歳の夏、なんと彼からプロポーズ! でも、私は素直に喜べませんでした……。

と言うのも、彼の両親は私が病気で子どもをしばらく産めないとご存じで、あまりいい気持ちを持たれていないことを私は知っていたのです。彼は「別れたほうがいい」とも言われていたようでした。だから「すぐ子どもが生めない嫁はイヤだろうな……」と思っていたのです。

でも彼は、私から離れて行かず、ずっとそばにいて励ましてくれました。そして「2人でいれば大丈夫だから!」と何度も説得。その言葉にだんだん私も心を動かされて、最終的には彼からのプロポーズを受けるに至りました。

結婚カテゴリーの最新記事