「結婚してよ」出会って3回目。彼がひと回り上の私と結婚を決めた理由

「結婚してよ」出会って3回目。彼がひと回り上の私と結婚を決めた理由

人生に疲れ、毎日ひとり飲み歩いていた30代後半の私。行きつけのお店で出会った彼に発した冗談交じりの言葉が、その後の人生を大きく変えたのです。

なじみの店で新顔の彼となんとなく会話

当時、私は30代後半。それなりの年ですから、恋愛も含めて、人生いろいろありました。そんな人生に疲れ、あきらめていた私は、毎日ひとり飲み歩く生活を送っていたのです。

「もうこのまま、ひとりでそれなりに生きていくんだろうな……」と思っていたある日、行きつけのお店で初めて見る顔の男性が。と言っても彼に何かを感じたわけではなく、なんとなく会話を交わし、なんとなく連絡先を交換して別れました。

いつもの店でなんとなく彼を飲みに誘ってみる

数日後、いつものようにひとりお店で飲んでいた私は、なんとなく、あのとき連絡先を交換した彼に「この前のお店にいるんだけど良かったらこない?」と連絡。

ただ、彼の住む家はお店から車で40分以上かかる場所にあったので、「まぁ来ないよね」と思っていました。でも、彼は飛んできてくれたのです! しかし……。彼が来るわけないと思っていた私は、彼は到着したときにはすでに酔っ払い。そのまま彼が車で家に送ってくれました。

なんとなくした問いかけに彼からまさかの返事

それからまた数日後、彼と会う機会がありました。私は彼の車に乗せてもらうことになり、車中でこれまたなんとなく「結婚してよ」と冗談交じりに言ったところ、まさかの「いいよ」という返事が! びっくりです。出会ってまだ3回目。さすがに「適当な返事だな」と思っていたのですが、そのまま話は進んでいき、あれよあれよと入籍日や結婚式の話に。

なぜ、こんなに話がトントン拍子に進んでいったのか。実は、これは後日彼に聞いたのですが、彼に2回目に会って家まで送ってくれたとき、酔っぱらった私は、彼の車の中で、山あり谷ありだった約40年の人生について語ったようなのです。もちろん、私には記憶がないのですが……。

そして、話を聞いた彼は「この人は誰かが守ってあげないといけない」と思ったそうなのです。そんな彼は私より12歳も年下。当時はまだ20代でした。

お互いのことを、あまり知らないままでの入籍。最初は周りからいろいろ言われました。でも、あまり知らないからこそ、いい意味での気遣いができて、日々を重ねていく過程でお互いの良いところを発見し合う、そんな幸せな毎日です。今では待望の娘も誕生。すっかり仲よし家族になりました。こんなに素晴らしい人生になるなんて、あのとき人生をあきらめかけていた私には想像もできませんでした。冗談でも「結婚して」と言ってみるもんですね。

文/ニギハヤミ コハクさん

結婚カテゴリーの最新記事