「十分話したつもりだったのに」超スピード婚の私が結婚前に知りたかったこと

「十分話したつもりだったのに」超スピード婚の私が結婚前に知りたかったこと

私たち夫婦は、知り合ってからプロポーズまでわずか2カ月の超スピード婚。でも、お互いの結婚観やこれからの生活について充分話し合って結婚しました。が、結婚後、夫が「夢を叶えたい」と、とんでもないことを言い出したのです。

ネット婚活で知り合った夫と交際1カ月で結婚

27歳から3年間お付き合いしていた彼がいました。でも結婚には至らず、ただ私の結婚願望が膨らんだだけ。その反動で婚活に燃えた私は、当時はやりだしていたネット婚活をすることにしたのです。

とにかく結婚に焦っていた私は、条件を定めず、自分に合う人であれば家庭環境や年収にはこだわらずにいました。そのなかで出会ったのが今の夫です。お互い30歳。初対面から話が合い、2人とも結婚願望が強かったので、知り合って1カ月でお付き合いをはじめました。

その間に「子どもは2人欲しいね」「結婚後も仕事は続けたいけど、子どもができたらセーブしたいかな」といった、結婚に対するお互いの価値観を確認。そして交際1カ月後にプロポーズされ、彼の真面目で誠実な性格と、家庭的な一面があることを知って、結婚を決断しました。

突然、幼少期の夢を叶えたいと夫が爆弾発言!

些細な喧嘩はありますが、結婚生活はおおむね順調にスタート。結婚式も新婚旅行も終えて、「次は子づくりかな?」なんと思っていたころ、夫が突然とんでもないことを言い出したのです。

「実は……今すぐ仕事をやめて就農したい。自然豊かな環境で生活したくて、長野に移住したいと思っている」と……。

夫は小さいころから農業に憧れていて、当初は定年を迎えてから始めようと思っていたらしいのですが、若い人が農業で成功している姿をメディアで見て、「一刻でも早く夢を叶えたい」という思いが触発されてしまったようなので……。

もちろん初めは大反対。寒さに弱い私は長野での生活は厳しいだろうし、何より、今までの仕事や人間関係を捨てて、縁もゆかりもない土地で生活することに不安があったのです。

夫の熱意に心動かされ、夢を後押し

でも、夫の熱意ある夢を聞いているうちに、少しずつ私の心も変化しました。「私と結婚したことで、彼の夢が絶たれていいの? そんなのは絶対イヤ! 彼の足枷にはなりたくない!」と思うようになったのです。「農業でイキイキとした夫の姿を見られるのなら、彼を応援しよう!」と、移住を決心。結婚して2年過ぎたところで移住計画を立てました。

移住計画が大詰めに差し掛かったころ、なんと私の妊娠が判明。しかも、出産予定日は引っ越し直前! それでもなんとか引っ越しを終え、無事に私も出産。乳飲み子を連れての山の上での生活。頼れる人がいなくて大変でしたが、SNSの力を借りて、現地で知り合いをつくり、孤独にならずに過ごせすことができました。

しかし、移住生活は結局5カ月で終了することにしました。実は移住前から、収入が激減することには不安を抱えていたのですが、やはり育児にはお金が必要だと実感したからです。夫も私も納得して、農業は趣味にとどめ、再び引越しをして夫はサラリーマンに戻りました。

まとめ

とはいえ、移住したことに後悔はありません。夫が農業への熱い思いを口にするうち、私も幼少期にお花屋さんになりたくて、農への関心があったことを思い出したのです。そして夫と語り合うなかで、いつしか夫の夢が私の夢ともなりました。

あのとき夢や本音をとことん語り尽くし、夫の夢を応援したからこそ、彼から私への信頼は厚くなり、夫婦の絆が深まったと思っています。夫も、つかの間ではありますが夢を叶えられ、悔いはないことでしょう。「夢なんて叶うはずない! 家庭を持ったなら、子ども優先で夢はあきらめなきゃ」なんていうことはないはずです。

ただひとつ思うのは、やっぱりこの夢、結婚前に知りたかった〜。知っていればここまで苦労せず、もっと計画的に移住できたのに……。ちなみに今の夢は、庭付きマイホームを購入して、家庭菜園ができるようになることです!!

文/いっしぃ ぴよんきちさん

結婚カテゴリーの最新記事