お互い初カレ・初カノジョ。そんな2人の結婚は「もったいない!?」

お互い初カレ・初カノジョ。そんな2人の結婚は「もったいない!?」

大学生のときに知り合った私たち。お互い、出会ったときから結婚したいと思える相手でした。一時、先に社会人となった彼とのすれ違いが生じて、交際の継続が危ぶまれましたが、危機を乗り越え25歳のときに結婚しました。

出会ったときからお互い結婚したいと思っていた

夫とは大学時代の18歳のとき知り合いました。お互い異性と付き合うのは初めて同士。でも、私も彼も出会ったときから結婚したいと思える相手でした。

同棲もせずに25歳で結婚したときは、友人から「そのまま結婚なんてもったいない!」「本当にいいの!?」とさんざん言われたのですが、私たちはお互いのことを、一番気心が合い、本当に結婚したいと思える人だと信じていたので、まわりの声は気にせずに結婚しました。

ひと足先に社会人となった彼と一時はすれ違いに…

とは言え、結婚まで順調に進んだわけではありません。先に卒業して社会人になった彼と、まだ学生という身分だった私。だんだんすれ違いが多くなっていったのです。当時は、「このままズルズルすれ違っていって、もう結婚できないかも……」と不安ばかりを募らせていました。

その後、私も社会人になると、彼が懸命に私の生活ペースと合わせてくれていたことが理解でき、「嫌いになったわけではなかったんだ……」、ひと安心。

ただ、2人とも社会人になってしまえば、学生のころのようにいつでも会えるなんてことはできません。そのかわり、会えない分だけ一緒にいる時間を大切にしたいと思え、改めて「結婚したい!」と願うようになりました。

そして、彼が1社目の会社から転職し、試用期間が終わって正社員に決まると、彼からプロポーズ。とてもうれしかったです。

準備期間をとってプロポーズから1年後に入籍

両親に結婚の意思を告げると、まだお互いに収入が多くはなかったので心配されましたが、交際期間が長かったので、最終的には祝福してくれました。

そこから2人で暮らすための準備期間をとってしっかり貯金をし、プロポーズから約1年後、入籍しました。

まとめ

喧嘩もしますが、価値観が似ているので、ちょっとしたニュースでも共感し合えるところ、今回のコロナ禍において大切にしたい部分は2人とも同じ。大事なところでは揉めたりしないので、「やっぱり相性がいいんだな」と実感しています。

結婚して約5年。付き合いはじめのころに思い描いた2人での暮らしや子どものいる生活が現実のものになった今も、ときどきふと「本当に結婚したんだ!」とビックリすることがあります。お互いに歳をとるのが楽しみだと思えるのも、「ずっと変わらず好きだなぁ」と思えるのも、この人だからこそと、しみじみ感じています。

文/ルイさん

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

結婚カテゴリーの最新記事