仕事中にまさかの…グゴーグゴー!生理中に私を襲う強烈な眠気!【体験談】

仕事中にまさかの…グゴーグゴー!生理中に私を襲う強烈な眠気!【体験談】

生理中に起こる異常なほどの眠気は、生理が始まった10代のころから私の悩みの1つでした。そして、生理中の異常な眠気によって、社会人になってからもいろいろやらかしてしまった失敗の数々。今思い出しても恥ずかしい体験談です。

生理中の眠気に悩む日々

私の生理が始まったのは中学生のとき。始まってまもなく、生理中に異常な眠気を感じるようになりました。冬などは、自分の部屋でこたつに入ると、10分もしないうちに眠りに落ち、そのまま次の日の朝まで寝てしまうことも。

そのため生理中は、テスト直前で徹夜勉強をしようにもほとんど失敗ばかりです。 そんな学生時代を送った私も社会人となりましたが、責任を持つべき職場でも、生理中の眠気に我慢できずやらかした失敗は数多くあります……。 

今でも恥ずかしい職場でやらかした失敗

私の仕事は事務職だったので、毎日パソコンとにらめっこ。そのため、普段でも目が疲れてくる夕方にはあくびが出ることもありましたが、生理中には午前中でも急に強烈な眠気が襲ってくることもあり、うっかりすると大変なことに……。

あるとき、パソコンの前で片手はマウスを握り、片手はキーボートに乗せたまま、ぐっすり寝てしまったのです。

そのとき後ろを通った憧れの先輩に、肩をポンと叩かれ起こされました。あとでイビキもかいていたと同僚から聞いて、もう顔から火が出そうになりました。

やらかした失敗はまだまだ続く

大事な会議中に眠ってしまい、それに気付いた隣の同僚につつかれて目を覚ますなど、仕事中にあるまじき失敗もやらかしてきました。

帰りの電車で、降りるはずの駅を乗り越したことは数知れず。しかし、朝の通勤で寝過ごすと会社に遅刻してしまうので、本当に気を張って寝ないように注意していました……が、数回の失敗はあります。

また、眠気に襲われると頭がボーッとするため、数字の打ち込みは特に失敗しやすく、1箇所のミスから全体がズレてしまうと、もう大変! ほかにも文章を打ち込んでいても、凡ミスを繰り返すなど小さいミスは数え切れないほどありました。

このように、生理中にはいろいろな失敗をやらかしてきましたが、生理のたびに起こるこの強い眠気も、30代に入ると自然とだんだん治まってきたように感じています。

まとめ

生理中は失敗のないように本当に気を引き締めていましたが、眠気に襲われたときにはちょっと気を緩めるとスーッと夢の中に引き込まれてしまう私。

夜は早めに就寝したり、満腹になるとよけい眠くなるので、会社で午後に大切な仕事があるときにランチを軽くしたりと自分なりに工夫をしてきましたが、いろいろやらかしてしまった思い出はたくさんあります。今は努力や根性で、生理中の失敗を100%なくすことはできないものだと悟り、生理中には車の運転をしないなど、危険なことは絶対に避けるようにしています。

監修/助産師REIKO
著者/SAKURA

生理の失敗カテゴリーの最新記事