「布団に血が……!」彼が泊まった朝の大事件!彼の対応は…え、超意外!

「布団に血が……!」彼が泊まった朝の大事件!彼の対応は…え、超意外!

大学生のころ、生理後半に大量の経血が出て、寝ている間に下着やパジャマのズボンだけでなく、布団まで汚してしまったことが! パニックになっていた私をよそに、その日泊まりにきていた彼の行動は意外なものでした。

布団まで汚してしまい、パニックに

生理4日目のことです。朝起きると、想像以上に経血が出ており、下着やパジャマのズボンはもちろん、布団までも汚してしまっていました。その日はもう生理後半で「寝てる間はそんなに出ないだろう」と油断した私は、前日の夜、昼用のナプキンを付けて寝てしまったのです。

「こんなに汚しちゃって、どうしよう……」とパニックになっていた私を、さらに、生理痛が襲い、私は動こうにも動けず、困り果てていました。すると、その日泊まりにきていた彼が、その様子に気づいたのです。

え、意外! 率先して動いてくれた

彼は、私が混乱している様子に気づくと、素早く動き始めました。

まず、クローゼットから私の下着とズボンの替え、薬箱から生理痛の薬、キッチンからは白湯を取ってきてくれました。私は、彼に促されるまま着替えをし、白湯で薬を飲み、「じゃあ私、ズボンと下着を洗ってくる」と言うと、彼は「俺が洗うよ。横になってな」と私からズボンと下着を取って、洗面所へ向かいました。

私はちょっと心配で、彼が洗っている様子を見にいったのですが、彼の洗い方は完璧で、下着とズボンの経血汚れをきれいにしてから洗濯機に入れて、洗ってくれました。

洗濯の合間には、汚れた布団と押し入れにしまってある布団を交換して、朝食の準備。そして、洗濯が終わると手際よくズボンと下着を干し、今度は汚れた布団を洗ってくれたのです。

想像以上にテキパキ動いてくれたので、私はとてもびっくりしてしまいました。実家暮らしの彼は、ひとり暮らしの私の家に、1週間に2回ほど泊まってはいましたが、住んでいるわけでもないのに、洗濯機を使いこなしていた姿に感心してしまいました。

その日は1日中甘やかされた

もともとその日は駅の近くにあるショッピングモールで買い物をする予定だったのですが、私は生理になったことで体調がすぐれず、計画は中止。彼は出かけられなくなったことにも文句を言わず、のどが乾くと飲み物を取ってきてくれたりおなかが空くとお昼ごはんを作ってくれたりしました。

安静にしていたおかげもあってか、夕方ごろには体調が回復したので、2人で近くのファミレスに夕ごはんを食べにいくことに。私は、今日のお礼ということでデザートをごちそうすると、彼はとてもうれしそうにパフェを頬張っていたことを覚えています。

まとめ

いくら生理に理解のある男性でも、経血で汚れた下着やズボンなどを洗うのは抵抗があると思います。なので、この日の彼の行動にはかなり驚きつつも、あの日、彼が助けてくれて私は本当に助かりました。彼にとっては、したことのない作業だったと思うので大変だったと思いますが、私の世話をしながら、必要な家事をいろいろとしてくれて、とてもうれしかったです。

監修/助産師REIKO
著者/佐藤里桜
イラスト/ののぱ

生理の失敗カテゴリーの最新記事