「え、閉じ込められる!?」悲惨な経血漏れを処理していたら突然真っ暗に

「え、閉じ込められる!?」悲惨な経血漏れを処理していたら突然真っ暗に

仕事で大役を任され、毎日終電近くまで残って仕事をしていた時期がありました。ハードな仕事は生理中も変わらず、終電ギリギリまで仕事をしていた私。そんな日、何とか終電に乗らなければと焦っていたら、大変な思いをすることになってしまいました。

ナプキンを替えずに会社を飛び出してなんとか最終電車に飛び乗った私は、「座らなければ漏れないはず!」と思い、車内ではずっと立ったまま。そしてようやく自宅の最寄り駅に着き、電車を降りると、一目散にトイレに駆け込みました。

トイレの電気を消されたときはちょっと焦りましたが、なんとか駅に閉じ込められずに済んでよかったです。

当時は仕事が忙しく、ついナプキンを替えるのを後回しにしていましたが、ナプキンを替える時間はきちんと持たないといけないなと思いました。また、生理中は無理をせず、終電まで残ることがないようにしたいと思いました。

原案/すずきあいさん
作画/霜月いく

生理の失敗カテゴリーの最新記事