「スカート真っ赤ですよ!」うそ…大勢の前でのプレゼンでまさかの大失態

「スカート真っ赤ですよ!」うそ…大勢の前でのプレゼンでまさかの大失態

私が大学生のときのことです。ある日、起きると生理痛のような腹痛が。しかし、次の生理予定日まで2週間以上もあったので、あまり気にせずに学校へ向かったのですが……。

結局大学の近くに住んでいる友人に連絡し、事情を話してスカートを貸してもらうことにしました。急いできてくれた友人は、真っ赤になった私のスカートを見て、なんと大爆笑! すると私も何だか吹っ切れて、笑ってしまいました。なので、私も今では笑い話にしています。

あの朝感じたのは、生理が始まるの予兆だったのだと思います。本当に弱い痛みでしたが、体が一生懸命送ってくれた合図だったのかもしれません。それから私は、下腹部に少しでも違和感を感じ覚えたらすぐにナプキンをつけるようになりました。

またその後、婦人科を受診してみましたが、特に病気はないとのこと。ですが、昼夜逆転していた生活を正したり、飲み会の数を減らすなどしたりしているうちに、生理不順が改善され、せいぜいずれても予定日の1週間前後に収まるようになりました。そして、この出来事以来、服を汚すことはなくなっています。

監修/助産師REIKO
原案/神咲 渚さん
作画/まっふ

関連記事:「私が非常識!?」彼の母親に指摘された「世間のフツー」に驚き&反省…
関連記事:「お母さん、何だかかゆい…」母も仰天!初めての生理で「あぁ勘違い!」
ムーンカレンダーの生理体験談&結婚体験談のマンガ

生理の失敗カテゴリーの最新記事