「ナプキンを持って行くのが恥ずかしい」小さな恥じらいが招いた大失敗!

「ナプキンを持って行くのが恥ずかしい」小さな恥じらいが招いた大失敗!

11歳、小学生のときにしてしまった生理の失敗談です。まだナプキンを替えるためにトイレに行くこと、そしてがナプキンを持って移動することが恥ずかしくて……。周りの目を気にして、なかなか替えに行くことができずにいました。

このときに、「恥ずかしがってナプキンを替えないでいたら、漏れてしまってもっと大変なことになる」と思い知った私。トイレに行くときにナプキンをサッとポケットに入れるようにしたり、ポケット付きのパンツを買ってもらって朝にナプキンをポケットに入れて行ったりという工夫をして、生理のときはこまめにナプキンを替えるように。また、友だちにも生理のことを話したので、持っていきやすくなりました。

「生理は恥ずかしいものじゃないんだよ」と、あのころの自分に言ってあげたいです。

監修/助産師REIKO
原案/中尾翠杏さん
作画/霜月いく

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

関連記事:
「オモッ!」育児疲れ×重い生理で寝込んでしまった私。そのとき夫は…
「え?まさか」産後3カ月、下着に黒いシミ。病院で診察を受けると…?
「ないわ」生理症状のつらさを彼に訴えたら、ショックな言葉が返ってきた

生理の失敗カテゴリーの最新記事