早い人は始めてる?ナプキンいらずの「吸水型サニタリーショーツ」の実情

早い人は始めてる?ナプキンいらずの「吸水型サニタリーショーツ」の実情

「吸水型サニタリーショーツ」って知っていますか? ショーツ型のナプキンというのもありますが、それとは違い、ショーツ自体が経血を吸ってくれて、ナプキンやタンポンなどを使わず、ショーツだけで生理中を過ごせるというもの。海外ブランドから始まり、最近では日本発のブランドも。

早くも使い始めたという人に、吸水型サニタリーショーツの便利なところ、気になるポイントなど、使ってみたからこそわかるリアルな実情を聞いてみました!

※調査概要
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」のサービスを利用された方
調査期間:2020年7月4日~2020年7月8日
調査件数:3,687件(有効回答数)

認知度は50%!でも使ったことのある人は、100人に1人程度

まずは認知度について。アンケートに答えていただいた3687人のうち、約半数が「吸水型サニタリーショーツ」の存在は知っているという回答でした。実際のユーザーがSNSで使用感をリポートしていたりするので、認知度が上がってきているのかもしれませんね。

認知度は50%でも、使ったことがある人はどのくらいいるのでしょう? アンケートの結果は……?

なんと1%強でした……。割合にすると100人に1人くらい。まだまだ使ったことがあるという人は少ないようですね。

ちなみに、使ったことがある吸水型サニタリーショーツのブランドを聞いてみると、ムーンパンツ(42人)、エヴァウェア(31人)、THINX(12人)、Period.(4人)、Nagi(4人)という結果になりました(複数回答)。

使ったことのない人に、吸水型サニタリーショーツへの興味度を聞いてみました。すると74%の人が「使ってみたい」と回答! 「ナプキンがいらなくなる」ということは、いろいろな面で魅力に感じるようです。

いいところNo.1は「生理用品を持ち運ばなくていい」

「実際に吸水型サニタリーショーツを使ったことがある」とお答えの方に、使ってよかったと思ったことをリサーチした結果は、下記のようになりました。

1位は「生理用品を持ち運ばなくていい」。半数くらいの方がメリットとしてあげています。多い日用の生理用ナプキンを何枚持ち歩いていると、バッグの中で意外とかさばるんですよね。トイレに行くときにも、いちいちポーチを持かなくてはならなかったり、トイレに行ってから「あ、ナプキン忘れた!」となって取りに戻ったり。それがなくなるのは確かに便利!

2位は、4割以上の方がメリットとしてあげた「生理用品を交換する手間がない」。忙しいときや、外出中になど「トイレに行きたいんだけど、なかなか行けない」シチュエーションでは、「やばい、このままだと漏れちゃうかも…」とヒヤヒヤすることもありますよね。そんな不安がなくなるなら、とても助かる!

3位以降は「体・肌にやさしい」「経済的にお得」「スレやムレがない」「環境にやさしい」「お手入れが簡単」と続きました。その他には「モレによるショーツや服への経血染みを気にしなくていい」「はき心地がいい」という意見がありました。

使ってみたからこそわかる、デメリットのリアル

販売サイト等ではなかなか記載されていないデメリットも知りたい! そこで、吸水型サニタリーショーツの使用者に、使ったことがあるからこそ実感した「ちょっと困った」ポイントも聞いてみました。

●臭いが気になる(23人)

●臭いがしていないか、周りの目が気になる

●臭いが気になるし、心配

●夏場や冬場は、特に臭いが気になってしまう

気になったことのトップは「臭い」。交換することがなく、1日中同じものをはいているということは、ラクというメリットにもなりますが、その半面、経血の臭いと常に一緒ということになり、デメリットに感じてしまうようです。

●特になし(11人)

●困ったことはありません。とにかくラクです

●特にデメリットは感じない

なんと次に多かったのは、「デメリットは特にない」という意見! これは、吸水型サニタリーショーツに対して不満なことがまったくないということ。すごい!

●洗濯が面倒(8人)

●使い捨てだといいのにな。洗うのが面倒くさい

●洗う前の準備が手間だし、洗濯するとヨレヨレになる

●家族に気を使いながら、つけ置きしなくてはいけない

●つけ置きが面倒で置き場に困る

経血をショーツが吸収してくれるということで、少し面倒になるのが洗濯のようです。さっと水洗いするだけで洗濯機で洗えるものもあり、つけ置きはマストではないようですが、汚れがひどいときなどはつけ置きが必要になることもあるようです。

次に多かったのは「蒸れが気になる(4人)」。意見としては「夏場は一日中はいてると、蒸れる感じがした」「夏は汗をかくので、蒸れて少し使いにくい」など。

そのほか、「1枚の価格が6000円くらいと少し高い」「トイレ後、また血が着いているものを履くのでちょっと嫌悪感がある」「あまりにも量が多いときに一日中履いてると、吸収量を超えてしまったことがある」「汚れがシミになると、洗ってあるものも不潔な感じがしてしまう」などの意見がありました。

まとめ

使ったことのある人だからこそわかる、吸水型サニタリーショーツのメリット&デメリットがわかり、リアル事情も見えてきました。アンケートの結果では、まだまだ使用者は少ないようですが、興味のある人はたくさんいるので、これから生理用品のスタンダードになってくるかもしれません。引き続き、注目していきたいですね!

生理グッズカテゴリーの最新記事