「恥ずかしい…」生理を隠し通した経験から、いつか子どもに伝えたいこと

「恥ずかしい…」生理を隠し通した経験から、いつか子どもに伝えたいこと

中学1年生の冬に初潮を迎えた私でしたが、最初のころは生理の間隔が不規則で、経血も薄いナプキンにおさまるくらいの少量でした。母もいつ・どの大きさのナプキンを使うかなどは教えてくれず。私もなんとなく恥ずかしく、ナプキンをつけることにもまだ抵抗があり、大きめのナプキンを使ったことがありませんでした。そんなお年頃の私に、困ったタイミングで本格的な生理が来てしまった苦い体験をお伝えします。

1泊の体験学習で生理が来てしまい…

それは中学2年生の春、1泊の体験学習でのことでした。持ち物リストにはもちろんナプキンもありましたが、準備していたのは軽い日用の薄いものでした。生理が来たとしても、いつものように少量だろうとたかをくくっていたのです。

そして活動が終わり宿舎に着くと、生理が来ていました。それもなんだかいつもより量が多いような……。不安には思いましたが、かなりの恥ずかしがり屋だった私は、先生や友人に大きめのナプキンをもらうことができませんでした。

生理が来たということを必死で隠し通す

ひとまず薄いナプキンをつけた私でしたが、臭いがしたら困るからとデオドラントスプレーを多めに使ってごまかしました。また、入浴も生理の人はみんなのあとから入る決まりでしたが、生理だと知られるのが嫌で、裸が嫌とか面倒だから入らないというような友人と同じふりをして入りませんでした。

しかし翌朝起きると、宿舎のシーツに小さなシミが……。なぜかシミ取りシートなる物を持っていたので、これ幸いとシーツの汚れを取り、隠し通しました。

職業体験中、挙動不審に

2日目の職業体験は、ナプキンの上にトイレットペーパーを重ねて臨みました。しかし休憩時間にトイレに行くと、ジャージのズボンに経血がついていることに気が付き、真っ青になりました。もちろん同じ班には男子もいます。

上の服を引っ張って、できるだけお尻を隠し、人に後ろを見せないように歩いたり、座るときも椅子を汚さないようにお尻の下に手を挟むなど、かなり挙動不審だったと思います。早く家に帰りたい……そればかりの体験学習になってしまいました。

まとめ

私にはまだ幼いですが、娘が2人います。2人には私のような体験はしてほしくないので、年頃になったら生理用品を一緒に選び、使い方などを教えたいと思います。また、家庭内でもある程度オープンにして、生理が恥ずかしいものではなく、これから付き合っていく大切なものだとさわやかに伝えたいと思っています。

監修/助産師REIKO
文/やましたくるみ

生理グッズカテゴリーの最新記事