「え、これでいいの?」衝撃の事実!自分と他人のフツーはこんなに違う

「え、これでいいの?」衝撃の事実!自分と他人のフツーはこんなに違う

私は、仲のいい友だちとはいえ、家族ではないので普段話さない分野があります。たとえば、「生理用ナプキン、どこのどんなのを使っている?」などです。少なくとも私はそれを話したことはなかったのですが、思いがけず友だちに起きたアクシデントから、いろいろと考えることになりました。

生理が重い人、軽い人

何気なく「生理が重いからつらい〜」と言っている人がいますが、何かその基準があるわけではなさそうで、ほとんどがその人自身の感覚のように感じます。

ちなみに、私は生理がだいたい6〜7日続きます。初日と2日目で80%くらいドバッと出血し、残りの4〜5日は消化試合のごとく、穏やかにサーッと引いていきます。私にとってはそれが普通だと思っていたのですが、誰にでも当てはまるものではなかったことに友だちとの旅行をきっかけに気付きました。

旅先での友だちに起きたアクシデント

友だちとの2人旅、待ち合わせに元気に現れた彼女でしたが、旅先の駅に降り立つころにはなんだか無口に。そしてホテルで「生理が来ちゃった……」とソファに倒れこんでしまいました。

彼女は生理中、その痛みや経血量から痛み止めを飲んで寝込むことがありました。もちろん旅先で生理にならないよう、日程は考えていたようですが、予定より1週間ほど早く始まってしまうアクシデントが起きてしまったのです。

自分基準でナプキンを選んだ結果…

動けない彼女のために、私がナプキンを買いに行きました。普段決まった商品をまとめ買いするため、じっくりナプキンを見比べるということがなかったのですが、ドラッグストアで改めて見てみると、まぁいろいろあること。

あれだけ生理が重そうで、しかも初日。私の基準から考えると、想像を絶する経血量、しかも肌触りも気にしそう……と考え、一番厚くて長いお高いナプキンを購入しました。 

それを見た友だちは「何これおむつみたい〜」と大爆笑。そして友だちは、「初日は、軽い日の昼用で充分なくらい」と、私にとっては衝撃発言! でも、「心配してくれてありがとう!」と大笑いしていました。そして、彼女にしては大げさすぎる、私基準で選んだナプキンをちゃんと使ってくれたのでした。

まとめ

私にとっては、衝撃的だった彼女の発言。でも、生理中は体の調子ひとつをとっても、自分と他人は違い、見た目と中身は違うこともあるという当たり前のことを改めて学んだのでした。

監修/助産師REIKO
著者/oniko

生理グッズカテゴリーの最新記事