「ウソ…めちゃ快適!」断念した生理用品。視点を変えたら神アイテムに!

「ウソ…めちゃ快適!」断念した生理用品。視点を変えたら神アイテムに!

産後の生理再開を機に、使い始めたある生理用品。しかし、初めて使ってみたときの印象がよくなく、しばらくたんすに眠らせたのですが、ひょんなことから復活。すると、少し使い方を変えただけで、今では手放せないアイテムとなったのです。

うまく使えず、たんす行きになったのは…

子どもを産んで1年ほど経ったころのことです。生理が再開し、妊娠を経て肌が敏感になったことから、布ナプキンを使ってみることにしました。

しかし、初めて使ってみたところ、正直な感想は「私には合わない」。経血量が多い日に使ったせいもあるのでしょうが、布ナプキンはビシャビシャになって経血漏れ。しかも、その後の洗濯がすごく面倒で。結局その後使うことはなく、タンスの奥底に眠らせることになりました。

代用品としてなら、使えるかも!

印象のよくなかった布ナプキンですが、ひょんなことから、再び使ってみようと思う機会がありました。それは、おりものが増えて、ショーツの汚れが目立つようになったときです。

最初は、市販のおりものシートを使っていたのですが、ズレてしまうことが頻繁にあり、トイレに行くたびに交換するコストを考えると、あまり使い続けたいとは思わなかったのです。

そこで思い出したのが、一度はたんすの奥底に眠らせた、あの布ナプキンです。

おりもの用としては抜群の使いやすさ!

おりものシートのかわりに布ナプキンを使ってみると、肌あたりはいいし、使い捨てのおりものシートより断然コスパがいい! しかも、経血とは違って汚れが落としやすいので、洗濯も手間ではありません。これなら、お財布にも、環境にも、肌にもやさしい! 私にはいいことづくめのアイテムだったのです。

本来の使い方とは異なるかもしれませんが、私にとっては、おりものシートの代用品として、布ナプキンが大活躍しています。かわいい用品を使えば気分も上がりますし。生理が始まりそうなときにつけておくことも可能。不安なく、快適に過ごせるようになりました。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師REIKO
———-
文/出口唯美さん

生理グッズカテゴリーの最新記事