「テンション高っ!恥ずっ!」コンビニでナプキンを買おうとしたら…

「テンション高っ!恥ずっ!」コンビニでナプキンを買おうとしたら…

行きつけのコンビニエンスストアにいる、明るくて親しみやすいスタッフの「クラハシさん(仮名)」。とても素敵な店員さんなのですが、生理用品の購入時だけはお会計をお願いしたくないなと思ってしまう私。あるコンビニ店員さんと生理用品にまつわる、ちょっぴり恥ずかしかった体験をお話しします。

ほぼ毎日通うコンビニの店員「クラハシさん」

約1年前に今のマンションへ引っ越してきて以来、私は自宅から徒歩3分の距離にある某大手コンビニに毎日のように通っています。基本的に自炊をしないため、コンビニは、もはや「生命線」と言っても過言ではありません。

そのため、気付けばいつの間にか、店員さんたちともすっかり顔なじみに。そのなかでもひと際よく話しかけてくれるのが「クラハシさん」という60歳くらいの女性店員さんです。

とても素敵な人だけど…

クラハシさんは、ひと言でいうと「超パワフルなおばちゃん店員さん」です。金髪くらい明るいパーマヘアと、丸メガネがトレードマーク。レジにいくと「あら、今日もべっぴんさんね。なにか良いことあったの?」「“たい焼き”もいかが? これはね、冷やしてもレンジで温めてもおいしいのよ」など、いつも何かしら話しかけてくれます。

とても愛想の良いクラハシさんですが、私は個人的に1つ困っていることが。というのも、クラハシさんは生理用品を購入すると、毎回大きな声で「これ、紙袋に入れる?」と確認してくれるのです。

「お弁当、温めますか?」のテンションで!?

クラハシさんと出会うまで、基本的に生理用品は黙って紙袋に入れてくれるものだと思っていました。しかし彼女は「お弁当、温めますか?」と同じテンションで「ナプキン、見えないように、紙袋に入れときましょうか?」と聞いてくれるのです。

周囲には男性スタッフもいますし、もちろん男性のお客さんもたくさんいらっしゃいます。毎回、生理用品を買う瞬間は恥ずかしすぎて「お願いだから、もう少し小声で確認して~」と、心の中で絶叫。しかし未だにこの思いは、残念ながらクラハシさんには届いていません。

まとめ 

生理は恥ずかしいことではないですし、生理用品を買うことも恥ずかしいことではありません。ただ、周りの人にわざわざ周知することでもないかなと思っているので、そういう意味では恥ずかしい経験を幾度も繰り返すことになりました。その結果、私は生理用品を購入するときに限り、クラハシさんのいないタイミングを見計らって「セルフレジ」を利用するようにしています。

愛想が良くて素敵なクラハシさん。元気をもらえる、大好きな店員さん。ただ、今後も生理グッズの購入時に限り、お会計をお願いすることはないでしょう。

監修/助産師REIKO
著者/鮭いくら

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

関連記事:
「ねぇ、足から血…」「え?まさか!」男友だちの言葉に血の気がひいた!
「え?まさか」産後3カ月、下着に黒いシミ。病院で診察を受けると…?
ゴメン!「トイレに変なものがある」弟の発言に超焦った私は…

生理グッズカテゴリーの最新記事