取り出しやすい!コスパ◎!【ダイソー】紙袋で生理用品収納作ってみた!

取り出しやすい!コスパ◎!【ダイソー】紙袋で生理用品収納作ってみた!

画像提供:@saki_life_12さん

生理用品収納で重視したいのは「取り出しやすさ」ではないでしょうか。きれいに収納していても、ケースの蓋が開けにくかったり、使いたい種類のナプキンが取り出しづらかったり……ということもあるますね。

そこで、今回は、片手でも使いたいナプキンをサッと取り出せる収納方法をご紹介! 「理想のナプキン収納が見つからない!」という方、まずは100均アイテムで生理用品収納を紙袋でハンドメイドしてみませんか?

ダイソーの紙袋でナプキン収納を手作り!

画像提供:@saki_life_12さん

@saki_life_12さんは、ダイソーのモノトーンの紙袋を使って生理用品収納をハンドメイド! ご自身だけでなく、家族も生理用品を使うようになり収納を見直すことにしたそうです。

画像提供:@saki_life_12さん

収納に使うのは、ダイソーで売っているモノトーンの紙袋。作り方は、紙袋の手前を下から2、3cmほどをカットするだけ。このカットした部分がナプキンの取り出し口になっています。中には昼用ナプキンを1列に収納しているそうで、取り出しは紙袋の下から、そして補充は紙袋の上からしているそうです。

画像提供:@saki_life_12さん

@saki_life_12さんは、同じものをもうひとつ作り、そちらには、おりものシートを2列にして収納。2つ並べることで、収納棚にぴったりと納まっていて取り出しやすそうですね!

紙袋のサイズを変えれば、ナプキンの種類や使う頻度、またトイレ収納の大きさに合わせることができます。自分流にアレンジできるのはハンドメイドならではですね!

ペーパーボックスには夜用とタンポンを収納

画像提供:@saki_life_12さん

また、紙袋の下にはダイソーの小さめのペーパーボックスを設置。左の箱には夜用のナプキンを3つ収納。@saki_life_12さんは夜用ナプキンをあまり使わないそうで、このくらいの準備でよいそう。使う頻度に合わせて収納方法を変えるのはよい方法ですね!

画像提供:@saki_life_12さん

ちなみに@saki_life_12さんは、同じ箱を2つ使っていて、右の箱にはタンポンがシンデレラフィット! こちらはたっぷり入りそうです。ダイソーのペーパーボックスはサイズがたくさんあるから、収納する物やトイレ収納に合わせて大きさを選べそうですね!

まとめ

@saki_life_12さんの、ダイソー紙袋&ペーパーボックスを使った生理用品収納をご紹介しました。トイレ収納の広さや生理用品を使う頻度・種類に合わせてカスタマイズできるのが、紙袋を使った手作りナプキン収納のいいところ。まずはお家にある紙袋で作ってみてもいいですね! 気になった方はぜひ試してみてください♪

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

協力/@saki_life_12さん
取材・文/yummy

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

生理グッズカテゴリーの最新記事