危なかったー!「いつもの」の生理前不調の影に意外な事実発覚【体験談】

危なかったー!「いつもの」の生理前不調の影に意外な事実発覚【体験談】

腹痛、眠気、イライラなどの生理前の不調……。「ああ、またいつものか」と毎月うんざり。けれど、こんな不調が、私の場合、実は生理のせいじゃなかったことがありました。そんな私の体験談を紹介します。

ストレス&疲れで、生理が遅れる「いつもの」現象

当時、私は27歳。結婚式と新婚旅行を無事に終え、数カ月がたったころでした。

私は、朝から夕方まで正社員として働く仕事と慣れない家事の両立で、疲れが溜まっていました。仕事でイライラすることも多く、ストレスで生理が数日遅れるなんてこともよくあって……。 そのときも、予定より数日生理が遅れていました。

「疲れも溜まってるし、また遅れてるな……。でも、いつもの生理前の下腹部痛もあるし、近いうちにやってくるだろう……」と、あまり気にしていませんでした。

薬を飲もうとした私を見て、先輩がひと言…

そんなある日、仕事中になんだか気分が悪くなり、早めに休憩に入らせてもらうことに。それまでも、たまに気分が悪くなることがあり、ただ、少し休めばよくなっていました。

ところがその日は、なかなか回復せず、しばらく休んでも気分が悪いまま。少しずつ吐き気も出てきました。「いつもより調子悪いなぁ。疲れてるからかなぁ」と、吐き気止めを飲もうとしていた、その時です。

そんな私の様子を見ていた職場の先輩が、私の手を止めて言いました。
「もしかして、妊娠してるんじゃない? 薬はやめといたら?」

「思い込み」で、自分ではサインに気づけなかった

私は、「いやいや、いつもの生理前の腹痛があって、今にも生理が来そうな感じだから、妊娠はないはず…」と思いました。

でも、「可能性がゼロじゃないなら、薬は一応検査してからにしなさい!」と、先輩が強くアドバイス。私は、先輩がそんなに言うなら…と、それに従うことにしました。

すぐに近くの薬局で妊娠検査薬を購入し、チェックしてみました。すると、結果はなんと陽性! まさか自分が妊娠しているとは夢にも思っていなかったので、私は本当にびっくり! と同時に、薬を飲んでいなくて本当によかった…とホッとしました。

よくよく振り返ってみると、吐き気が普段とは違って強いなど、妊娠のサインがあったのですが、ついつい「いつもの」という思い込みで、自分では妊娠に気づけませんでした。先輩には本当に感謝しています。

まとめ

「いつもの不調」に隠れて、妊娠や何かの病気など、特別なサインが体から送られているかもしれません。油断せず、思い込まず、ゆっくり自分の体の声に耳を傾けなければいけないなと思いました。

監修/助産師REIKO
—–
文/猫田ゆかりさん

妊娠・避妊・不妊カテゴリーの最新記事