「まさか…」幼なじみ家族とのお出かけ中、生理に!気づいた同級生男子が予想外の神行動!

「まさか…」幼なじみ家族とのお出かけ中、生理に!気づいた同級生男子が予想外の神行動!

幼なじみの家族と私の家族で遊園地へ行ったときの話です。途中、トイレへ行くと生理がきていることに気付きました。私の生理は重く、くるとすぐに気付くのですが、この日は楽しさのあまりすぐに気付かず……。生理がきたことを伝えて楽しい気分を壊すのも気が引けてしまい、私は親に伝えたくても伝えられずにいました……。

関連記事:
「恥ずかしくてトイレに行けない」丸一日我慢していたら…大惨事に!

ナプキンはあるけど誰にも言えず

私が小学6年生のときの話です。幼なじみ一家と私たち家族はとても仲が良く、よく一緒に出掛けることがありました。ある休日、2家族でテーマパークへ。途中まではとても楽しかったことを覚えています。

しかし、トイレへ行ったとき、生理がきてしまったことに気付いたのです! 私はとても憂うつな気分になってしまいました。

私のバッグには母が「生理が突然くることもあるから持っておきなさい」と言い持たせてくれたナプキンがありました。そのため、ナプキンには困っていませんでしたが、「生理がきたって言ったらこの楽しい雰囲気を壊してしまうかもしれない」「気をつかわせて遊びどころではなくなるかもしれない」と考え、生理がきてしまったことを誰にも話せずにいました。

幸い、痛みはなく体が少しだるい程度。「元気に振る舞っていれば体のだるさも忘れて、また楽しめるようになるだろう」と思ったのです。

生理に気付いた幼なじみ

私がトイレから出てきて少し経ったころ、同い年の幼なじみの男の子が突然自分が着ていた上着を脱ぎ「俺、暑くなって脱ぎたいから、これ持ってて」と私に上着を押しつけてきました。

困惑する私に彼は「持つのがめんどうなら腰に縛って持っててよ」と言い、上着で私のおしりが隠れるように上着を縛ってくれたのです。

そこで私は「もしかしたらズボンが経血で汚れているのかな? それを隠すために上着を貸してくれたのかな?」と思い、上着を借りることにしました。

生理のマナーカテゴリーの最新記事