子どもに生理をどう伝える?【kicoの性教育「赤ちゃんのベッドバイバイ」の日】

子どもに生理をどう伝える?【kicoの性教育「赤ちゃんのベッドバイバイ」の日】

「生理について、子どもにどう伝えればいいのか…」、悩まれている方もいらっしゃるかと思います。わが家での生理の伝え方について、ご紹介します。

こんな感じで、わが家では

生理 =「赤ちゃんのベッド バイバイ」の日

として認識されています。

1歳代のころのぽよ子は、私が生理再開後、割とすぐ妊娠したこともあって、経血を目にする機会があまりありませんでした。3歳になり、改めて目の当たりにしたときには 1歳のころと変わらず「衝撃!!」のようでした。

一方、ツー夫は、1歳代から毎月コンスタントに経血と対面(?)してきていたので、3歳ごろには「ママは毎月、赤ちゃんのベッドバイバイしてる」と認識していました。

たしか、3歳の半ばごろに、改めて「どうして赤ちゃんのベッドバイバイだと血が出るの?」と聞かれたので、上記のような説明をもう一度したところ、彼のなかで腑に落ちたようでした。

私は結構、生理痛が重いほうなので、最近では「今日ママベッドバイバイの日だから…」と伝えると、「今日はのんびりdayだねぇ」と2人とも納得してくれます(納得してくれない日も、もちろんありますが)。

ちなみに生理中は、わざと経血を見せてる訳ではなく(なんかイラストだとわざわざ見せてるっぽくなってしまった)、普通に排泄しているときに子どもたちが気付きます。視点が低いから目に入りやすいのかな。

子どもの興味がわいたときが一番の伝え時、と思っているので、子どもたちからの問いかけがあったタイミングを大切にしています。

監修/助産師REIKO

生理のマナーカテゴリーの最新記事