「あの…なっちゃったんですか?」と言われてハッ! 取材先でまさかの…

「あの…なっちゃったんですか?」と言われてハッ! 取材先でまさかの…

生理のせいで体の状態はいつもと違っても、職場では顔に出さず何ごともないように仕事を続けなければいけない……そんなつらさに耐えながら働いていた私。また、トイレに行くタイミングを見つけづらいこともありました。今回は、取引先で生理の大失敗をしてしまった体験談をご紹介します。

仕事に夢中になりすぎて…

新卒で就職した広告代理店で、当時社会人3年目、25歳の私は仕事に没頭する日々を送っていました。その日は取材の立会いでクライアント先を訪問。その場にいたのはインタビュー相手のほか、担当者の女性、委託先のカメラマン、ライターと私。

勤務先の会社からの出席者は私ひとりであったため、次々とインタビューと撮影がおこなわれていく現場につきっきりの状態でした。その日は生理5日目。経血量が少なくなっていると油断していたとき、惨事は起こったのです。

クライアントの一言でトイレに直行

取材の最中、そっと担当女性が私に近寄り、小さな声で「あの……もしかして、なっちゃったんですか?」と一言。「はっ!」と察した私は、取材がキリの良いタイミングとなったのを見計らってトイレに直行。小さめのナプキンからはみ出した経血は、薄ピンク色のスカートに赤いシミを作っていました。

すばやく水とハンドソープでなんとか汚れを落とし、目立たなくなったところで現場に戻りました。心はざわめいていましたが涼しい顔をし、その後の取材を無事に続けることに専念しました。

温かな心づかいに感謝!

クライアントの女性はこれまでに何度もやりとりをしており親しい間柄だったのですが、心配した彼女は、そのあとも「腰に巻けるようにカーディガン貸しましょうか?」と言ってくれました。

自分の会社ではなく取引先で失態をおかしてしまったので余計に恥ずかしかったのですが、彼女によってピンチを救われ、温かい気持ちに包まれました。また、彼女の一言がなければ、さらにスカートに大きなシミができていた……と考えると感謝しかありません。

この日以来、長時間席を離れられないことがわかっている場合は、生理が終わりそうなときでも大きめのナプキンを使うようになりました。

もし周りの誰かが経血モレの失敗をして気がついていなかったら、私は彼女と同じことができるだろうか……もしかしたら、少しためらってしまうかもしれません。傷付けないようにそっと教えてあげる、そんな大人の対応ができる女性になりたいと感じた出来事でした。

監修/助産師REIKO
文/吉野みなみさん

生理のマナーカテゴリーの最新記事