「気持ちを考えてほしかった」保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃

「気持ちを考えてほしかった」保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃

担任の男性教師から「放課後、保健室に行くように」と言われたのは、小学4年生の冬のこと。保健室に呼ばれたのは、女子ばかり7、8人。保健の先生が初潮や生理について教えてくれたのですが、予備知識がなかったこともあり、そこで見聞きしたことは当時の私にとっては衝撃的! 当分の間、「生理は恥ずかしいもの」という思いがぬぐえなくなってしまいました。

クラスの女子で呼ばれたのは、私だけ

放課後、保健室に集合したのは各クラスから数人ずつ。私のクラスからは私ひとりでした。畳敷きのコーナーに輪になって座った私たちに、保健の先生が初潮や生理について、ひととおり説明しました。そして、「学年全体の授業は5年生になってからおこないます。ただ、あなたたちは生理が早く始まるかもしれないから、先に呼びました」と言ったのです。

改めてその場にいる子たちを見ると、背が高かったり、ぽっちゃりしていたり、発育のいい子ばかり。胸がほかの子より早く膨らんできたことを気にしていた私は、「先生たちからもそういう目で見られていたんだ……」という恥ずかしさでいっぱいになりました。

生理用ショーツをはいたキューピー人形

ショッキングなことはさらに続きました。先生は、「生理になったら、経血が漏れにくいショーツに生理用ナプキンをつけます」と言って、保健室に置いてあった大型のキューピー人形を使って実演を始めたのです。

横たわったキューピー人形に生理用ショーツをはかせている姿は、赤ちゃんにおむつをはかせているようにしか見えませんでした。その後、「初潮が来るのは大人の女性の体になったしるし」などのポジティブな言葉が続いたのですが、お世辞にも素敵な大人の女性を想像させるものには見えない姿に、「こんなのはかなきゃならないんなら、生理になりたくない」と思ってしまいました。

初潮を迎えたのは授業から2年後!

先生からの説明が終わったあとも、シーンと静まりかえった保健室。顔を赤らめ話を聞いていたほかの子も、私と同じような思いをしていたようです。あの「先取り授業」については、居合わせた女子生徒全員が口をつぐみ、噂になることもありませんでした。

結局、私が初潮を迎えたのは6年生の冬。個別指導?から2年後のことでした。全体での性教育の授業もとうに終わり、クラスメイトのうち幾人かはひと足先に生理が始まっていました。

突然の生理に衝撃を受けるよりは先に知っておいたほうが心の準備ができると、良かれと思ってのことからだと思います。ただ、私としては、体型で生徒を選抜していたように感じてしまいましたし、発育の良い子のほうが初潮を迎える時期が早い傾向はあるのかもしれません。しかし、始まる時期には個人差もあり、モヤモヤしてしまいました。

まとめ

学校側も「急に生理が始まって慌てないように」と、配慮してくれたのでしょう。大人になった今でこそ生理についてナチュラルに話すことができますが、性に関する話題にはとてもナイーブな小学生女子。授業は全員一緒におこなうなど、もう少し気持ちに寄り添ってほしかったなと思います。

監修/助産師REIKO
著者/桐谷きこり

生理のマナーカテゴリーの最新記事