「気持ちを考えてほしかった」保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃

「気持ちを考えてほしかった」保健室に呼ばれた「発育のいい女子」の衝撃

担任の男性教師から「放課後、保健室に行くように」と言われたのは、小学4年生の冬のこと。保健室に呼ばれたのは、女子ばかり7、8人。保健の先生が初潮や生理について教えてくれたのですが、予備知識がなかったこともあり、そこで見聞きしたことは当時の私にとっては衝撃的! 当分の間、「生理は恥ずかしいもの」という思いがぬぐえなくなってしまいました。

クラスの女子で呼ばれたのは、私だけ

放課後、保健室に集合したのは各クラスから数人ずつ。私のクラスからは私ひとりでした。畳敷きのコーナーに輪になって座った私たちに、保健の先生が初潮や生理について、ひととおり説明しました。そして、「学年全体の授業は5年生になってからおこないます。ただ、あなたたちは生理が早く始まるかもしれないから、先に呼びました」と言ったのです。

改めてその場にいる子たちを見ると、背が高かったり、ぽっちゃりしていたり、発育のいい子ばかり。胸がほかの子より早く膨らんできたことを気にしていた私は、「先生たちからもそういう目で見られていたんだ……」という恥ずかしさでいっぱいになりました。

生理用ショーツをはいたキューピー人形

ショッキングなことはさらに続きました。先生は、「生理になったら、経血が漏れにくいショーツに生理用ナプキンをつけます」と言って、保健室に置いてあった大型のキューピー人形を使って実演を始めたのです。

横たわったキューピー人形に生理用ショーツをはかせている姿は、赤ちゃんにおむつをはかせているようにしか見えませんでした。その後、「初潮が来るのは大人の女性の体になったしるし」などのポジティブな言葉が続いたのですが、お世辞にも素敵な大人の女性を想像させるものには見えない姿に、「こんなのはかなきゃならないんなら、生理になりたくない」と思ってしまいました。

初潮を迎えたのは授業から2年後!

先生からの説明が終わったあとも、シーンと静まりかえった保健室。顔を赤らめ話を聞いていたほかの子も、私と同じような思いをしていたようです。あの「先取り授業」については、居合わせた女子生徒全員が口をつぐみ、噂になることもありませんでした。

結局、私が初潮を迎えたのは6年生の冬。個別指導?から2年後のことでした。全体での性教育の授業もとうに終わり、クラスメイトのうち幾人かはひと足先に生理が始まっていました。

突然の生理に衝撃を受けるよりは先に知っておいたほうが心の準備ができると、良かれと思ってのことからだと思います。ただ、私としては、体型で生徒を選抜していたように感じてしまいましたし、発育の良い子のほうが初潮を迎える時期が早い傾向はあるのかもしれません。しかし、始まる時期には個人差もあり、モヤモヤしてしまいました。

まとめ

学校側も「急に生理が始まって慌てないように」と、配慮してくれたのでしょう。大人になった今でこそ生理についてナチュラルに話すことができますが、性に関する話題にはとてもナイーブな小学生女子。授業は全員一緒におこなうなど、もう少し気持ちに寄り添ってほしかったなと思います。

監修/助産師REIKO
著者/桐谷きこり

生理&結婚のリアルが読める 大人気連載マンガはこちら!
  • 「どうしよう……破けてる!」
    アフターピルを飲んだ話
    避妊に失敗したかも!と緊急避妊薬(アフターピル)を飲むことなり……。避妊や緊急避妊薬についてまとめた体験談マンガ。
    倉間 さん
  • 【毎日更新中】それってプロポーズ!?
    失敗プロポーズ
    美大で出会い恋を育んだふたり。実はプロポーズに2回失敗していて…!?理想のプロポーズまでの紆余曲折を描きます。
    雛田あゆこ さん
  • 決死のプロポーズ大作戦!
    プロポーズされたい!
    結婚を前提にお付き合いを始めたはずなのに、彼は本当に結婚を考えてくれているの?「プロポーズされたい!」と奮闘する体験談。
    サヤカ さん
  • シャイ女子が恋をした
    超絶シャイな私が会社の元先輩と結婚する話
    気づけば22歳。結婚できる気がしない!そんなとき職場で先輩に出会って…!? むずキュン馴れ初めストーリー♡
  • なめてはいけない!子宮内膜症治療レポ
    インスタフォロワー12万人越えの人気ブロガーつんさん。ある日判明した子宮内膜症の治療を独特の視点で描きます。
    つん さん
  • 10、20代のときの向き合い方
    生理不順と私
    2人の娘さんのママであるようみんさんは高校生のころから生理不順。当時はあまり重く捉えていなかったものの…。
    ようみん さん
  • え…まさか私ががん!?
    【子宮頸がん】人生初手術をした話
    ごく普通のOLだったある日、健康診断の結果が配られて…。現在妊娠中の筆者が、子宮頸がんで人生初の手術をした闘病マンガ。
    大福 さん
  • うそでしょ!?私ががん!?
    23歳でがん!?
    23歳のときに不正出血をきっかけに受診したえみこさん。なんと子宮頸がんであることが判明!5年間の闘病体験マンガです。
    えみこ さん
  • まさか私が婦人科トラブルにあうなんて
    子宮内膜症日記
    強い下腹部痛や性交痛に耐える「も」さんの闘病マンガ。健康診断で子宮内膜症であることが判明して……。
  • 40代前半で子宮全摘!
    実録!40代婦人科トラブル
    子宮全摘手術を受けたMichikaさん。理由は大きくなり過ぎた子宮筋腫。病気の発見から手術までの日々をマンガで綴ります。
    Michika さん
  • 病気の判明から、手術に至るまで、入院生活を綴る
    卵巣嚢腫日記。
    生理周期の乱れ、不正出血などの症状が急に起こり婦人科を受診してみたら…。卵巣嚢腫の判明・手術・入院を綴ったマンガです。
    いとうちゃん(厭うちゃん) さん
  • アラフィフ・ワーママが描く
    閉経かも!?婦人科に行ってみた
    ふと生理日管理アプリを開いたところ、3カ月も生理がきてないことに気がついた!「もしや閉経では…」と婦人科の門を叩くと…?
    さとまる さん
  • 独特のタッチで描く巨大筋腫との闘い!
    巨大筋腫ができちゃいました
    長年悩んでいた生理症状で受診したら、次から次へと婦人科系の病気が判明し、最終的にはなんと巨大筋腫が見つかって…!?
    さやかわさやこ さん
  • 恋愛こじらせ女が結婚するまで
    新婚夫婦の日常をつづっている、でんでんむしさんが描く、夫のまーちゃんと結婚するまでのお話です。
    でんでんむし さん

生理のマナーカテゴリーの最新記事