貧血で倒れてしまったのは「生理中の彼女」…じゃなくてその彼氏!?

貧血で倒れてしまったのは「生理中の彼女」…じゃなくてその彼氏!?

私は、立ち上がるとき、起き上がるとき、走ったあとなど体勢や動きが変わるときは貧血を起こしがちなので、生理中はあまり急に動かないようにしています。そのため、私と同じような症状を起こす女性のつらさは理解できるつもりですが……。時には思いがけないことも起こるものです。

激混みの店内で長い長い待ち時間

私はあるサービスショップで働いていました。土日や祝日は混みあうのですが、その日は連休初日ということもあり、ひときわごった返していました。

予想待ち時間は70分。そんななか、20代くらいのカップルが店を訪れたのです。整理券をお渡しして待っていただくのですが、1時間を超える待ち時間だったので、「外出していただいても大丈夫ですよ」と案内しました。

今思えば、彼女が生理でつらかったのでしょうか、2人は店内の椅子に座って待つことにしたようでした。

そして事件は起きてしまった…

結局2人をお呼びできたのは90分後。

「大変お待たせいたしました!」

とお声をかけると、彼女が立ち上がりました。すると、

「あっ……」

と、私にしか聞こえないくらい小さく声をあげたのです。よく見ると床にぽたっと血が垂れています。すばやく彼女の後ろへ回ってみるとパンツのお尻部分に赤く広がるシミが。

幸いどなたも気が付かれていないようなので、動揺の様子がうかがえる彼女をそっと誘導して……と考えていると、背後から「大丈夫ですかッ!?」という大きな声が聞こえました。

頼りがいのありそうな彼氏、でも…

私はその声が、経血漏れをしてしまった彼女に対してのものだと思い「むしろ気付かないふりをしてくれればいいのに」と少し恨めしい気持ちで声がしたほうを見ると、なんとその声は彼氏に向けられたものでした。顔が真っ青になった彼氏は椅子に座ったまま上半身をがっくり落とし、少し震えているようにも見えました……。確かにこれは周りが心配になるわけです。

私は、とりあえず彼女をカウンター内へ急いで誘導し、さりげなく床の血にティッシュをかぶせ、具合の悪そうな彼氏のもとへ急ぎました。

「どうされましたか、大丈夫ですか?」

「すみません……自分、血がだめで……」

「えっ!」

つまり、この彼氏、経血漏れをした彼女の後ろ姿をみて、貧血になってしまったのです。

まとめ

その後、スタッフが床をきれいにし、彼女は着ていたパーカーをトイレで腰に巻きつけて、その場をしのぎました。そのため、カップル以外の人が気付くことはありませんでした。しかし、彼氏は、温かい紅茶を飲んでも震えがとまらず、その後、彼女に付き添われるようにして帰られました。

経血漏れが、男性にとってはかなり衝撃的になることもあるんだなと思った出来事でした。

監修/助産師REIKO
著者/oniko

生理のマナーカテゴリーの最新記事