「神ですか?」デートで勝負服に経血がついた私に彼がまさかの行動!

「神ですか?」デートで勝負服に経血がついた私に彼がまさかの行動!

生理は予想外のタイミングでくることがあります。今回は彼とのデートの際に起こってしまった生理に関するハプニングの話です。

デートに選んだのはピンクのスカート

これは私が18歳のころの話です。まだ付き合って日が浅い彼とのデートで、少しでもかわいく見られたいと淡いピンクのスカートをはいていました。加えて、生理予定日はまだ先だったので、もちろん生理がくるなんて思いもせず生理用のナプキンを持っていなかったのです。

そんなデートの途中、ふとトイレで全身鏡を見たときにお尻に経血がついていることに気が付きました。

ショルダーバックを後ろに回して応急処置

替えのスカートも、スカートを隠せるような上着も持っていなかった私は、持っていたショルダーバッグで汚れてしまったスカートのお尻部分を隠して彼の元に戻りました。しかし、歩いている途中もスカートについた経血が見えていないかということが気になってしまい、彼との会話も半分くらいしか頭に入って来ませんでした。

楽しいはずなのに、うまく笑えません。会話も成り立っているかも不安だし、彼に対しても申し訳なさでいっぱい……。「せっかくのデートなのに……」と楽しみにしていた分だけ、悔しさと悲しみがこみ上げて来ました。

彼の気づかいに救われる

彼は、いつもよりも気落ちしている私を心配して「大丈夫?」と、何回か声をかけてくれたのですが、私は恥ずかしくて、経血でスカートが汚れたことを彼に話せずにいました。

ところが、少し時間がたったところで、彼がふと「ちょっと寒いかな、これ着ていいよ」と言って自分で着ていた少し長めのコートを私に着せてくれたのです。彼は、私のスカートが経血で汚れていること、それを気にしていることに気付き、さりげなく気をきかせてくれたのです。私は彼のやさしさで胸がいっぱいになりました。

まとめ

今回の事件は、「予期しない生理でハプニングが起きてしまうことはこれからも起こり得ることだからこそ、その後やさしく接してくれた人に対しては常に感謝を忘れない人間でありたい」と強く心に刻むエピソードになりました。

監修/助産師REIKO
著者/橘 純香

生理のマナーカテゴリーの最新記事