「お客様、後ろが汚れています!」両家あいさつでまさかのやっちゃった!

「お客様、後ろが汚れています!」両家あいさつでまさかのやっちゃった!

3年前、結婚に向けて、お互いの両親が集まり、両家あいさつをすることになりました。大切な、そして緊張の1日。しかし、そんな日に、私は生理で失敗をしてしまうことになったのです……。

盛り上がっていた会話がようやく一段落したところで、席をはずし、急ぎトイレへ向かおうとした私。しかし、家族には聞こえないくらいの声で、店員さんにコソっと声を掛けられました。

店員さんの言葉に驚いてスカートを見てみると、やっぱり経血漏れ! お店の座布団も少し汚してしまったようでした……。

店員さんに促され、トイレに行って確認すると、ナプキンがズレていました。両家あいさつだからと、清楚系を意識して、生理中にもかかわらず薄い色のスカートをチョイスしたことをとても後悔しました。

とりあえず、持っていたジャケットを羽織って、スカートの汚れは隠すことに成功!! 座布団については、トイレから部屋に戻る途中にいらした店員さんに、汚してしまったことを伝えました。

普段から使い慣れていたナプキンだったので、まさかこの日に限って漏れるとは思ってもいませんでした。せめて汚れが目立たないような服装にしていれば……。どんなときも見た目は大事かもしれませんが、生理のときは服装のチョイスが大事だなと実感しました。

生理中にどうしても白系が着たいなら、夜用ナプキンでも一番大きなサイズにするとか、ズレる心配ないかたびたびチェックするとか、「念のため」の予防をしておかないとダメだったなと思います。私が甘かった……。あの日のお店の方々、座布団を汚してしまってごめんなさい!

監修/助産師REIKO
——–
原案/しみまりさん
作画/霜月いく

生理のマナーカテゴリーの最新記事