「お、お父さん!?」生理で寝こむ私を、仕事人間の父が起こしてきて…

「お、お父さん!?」生理で寝こむ私を、仕事人間の父が起こしてきて…

生理痛がひどい日には鎮痛薬にお世話になっている私。しかし、ある日、常備していた鎮痛薬を切らしてしまい、寝こんでいました。すると、そんな私に父が話しかけてきたのですが……。

鎮痛薬を切らし、痛みに耐えていた

私は生理2日目と3日目の生理痛がひどく、寝込むこともあり、そんなときは鎮痛薬にお世話になっています。その日、常備していた鎮痛薬が切れていたことは知っていましたが、まだ生理1日目。仕事が落ち着いたら買いに行こうと思っていました。しかし、これまでの生理と違い、1日目なのに腹部が痛み始め、体がだるくなってきたのです。私はひとまずリビングのソファで横になり、やり過ごすことにしました。

この日、父は仕事が休みで、買い物に行きたかったようです。リビングのソファで横になる私を見て、「車出してくれない?」と頼んできました。父は車の免許を持っておらず、行きたいところがあるときは、自分の自転車で行くか、私が車を出すのです。

父は小さな買い物や近場の場合、自転車で行くことが多いですが、自転車では行けない遠い場所か大きなものを買う買い物をしたかったのでしょう。しかしこのとき、私は車を運転できるほど回復していなかったので、生理で体調がすぐれないことを理由に断りました。

そして父は出かけていった…

私に断られた父は、出かける準備をして自転車に乗りどこかへ出かけて行きました。このとき、私は少し眠くなってきており、いつの間にか熟睡していました。

そして1時間ほど経ったころ、私は父に起こされました。

するとは、私に薬局の袋を渡してきました。袋の中を見てみると、さまざまな種類の鎮痛薬。私がどの鎮痛薬を使っているのかわからず、店頭に並んでいたものをすべて買ってきたそうです。昔から仕事人間で、他人にも家族にも関心がなさそうだった父が私のために薬を買ってきて、とてもびっくりしました。

意外!生理中の体調を気にしてくれる父

私のなかでは幼いころ接した父のままで、家族に興味を示さず仕事ばかりする人間だと思っていました。しかし、あの薬を買ってきてくれた日を境に、生理痛でつらそうにしている私を見ると、心配してくれたり薬箱からストックしている市販薬を持ってきてくれたりするようになり、私はとても驚きました。

あの一件で、父とは家族としての絆が少し強くなったのではと思います。まだやさしい父に慣れないけど、あのとき買ってきてくれた薬を見たり生理痛を労る父の姿を見たりすると、あの日の出来事を思い出し心が温かくなります。

まとめ

仕事人間の父は昔から家にいることが少なく、あまり父との思い出がありません。「どうしてうちのお父さんは友だちのお父さんと違うんだろう」と何度も悩み、恨んだことも。しかし、最近やっと父と話をする機会が増え、今回のように新しい一面をよく見るようになりました。特に、今回の出来事はこれまでの父から想像も付かないような行動だったので、おもしろくもうれしかったです。

監修/助産師REIKO
著者/佐藤里桜

生理のマナーカテゴリーの最新記事