「げげ、何これ!!」洗濯機を開けたら雪景色。おむつじゃない正体は

「げげ、何これ!!」洗濯機を開けたら雪景色。おむつじゃない正体は

ある朝、いつものように洗濯物を干そうと何気なく洗濯機のフタを開けてみると、そこに広がっているのは白い雪……のような白いふわふわした物体でした。

液体洗剤なので溶け残るわけはないし、今開けたばかりなので洗濯機にほこりが入るわけがない、そもそも室内なので雪が降るわけもない……と混乱しつつ、どこかで見たことあるような感覚がありました。

洗濯機を開けたら信じられない光景が

わが家は、夜洗濯機のタイマーをセットし、朝起きたら一番に洗濯物を干すのが日課です。

その日も私は起きて洗顔すると、いつものように洗面所にある洗濯機のフタを開けました。すると、洗い上がった洗濯物があるはずが、なぜかびっしりと白い小さな塊に覆われていたのです。

朝イチとはいえ寝ぼけているわけでもなく、念のためその塊に触ってみても、これは何?と頭の中は疑問だらけでした。

娘が小さいころの惨劇を思い出す…

洗剤の溶け残りではなく、ほこりや雪でもなく、これはいったいなんだろう?と見つめているうちに、なんだか懐かしい気持ちが湧いてきました。思い返してみると、昔見たことがある光景だったのです。

娘が保育園に通っていたころ、大量の着替えを洗濯機で洗うとき、紙おむつが間違って入っていたことに気づかずそのまま回してしまったことがあります。そのときも、洗濯機を開けると同じ現象があったのです。

白い塊の正体が判明!

しかし、娘はもう紙おむつはつけていません。「ということは……?」と塊まみれの洗濯物を引っ張り出してみると、びりびりに破れたビニール製品がありました。どうやら生理用ナプキンを一緒に洗ってしまったようで、タイマーをかけて洗ったためか、ナプキンの中身がふやけ、中身が散らばってしまっていました。

ちょうど起きてきた娘にこの惨状を話すと「あーっ! ごめんねー!」と大慌てです。遊びにいったとき、トイレですぐに交換できるようにとズボンのおしりポケットにナプキンを数枚入れたのを忘れてしまい、そのまま洗濯機に入れてしまったそうです。

まとめ

娘と一緒に、洗濯物をシャワーで洗い流したり、洗濯機の中をふいたりフィルターを掃除したりとにかく大変な朝でした。「二度としないで~」と思いつつ、しかし小さいころの紙おむつからの生理用ナプキンになった娘の成長と時の流れを感じ、ちょっとほんわかした気分にもなりました。

監修/助産師REIKO
——–
著者/oniko
イラスト/ののぱ

生理のマナーカテゴリーの最新記事