まさか子宮摘出!?予兆に気づいていたのに受診を怠った私【生理体験談】

まさか子宮摘出!?予兆に気づいていたのに受診を怠った私【生理体験談】

もともとは、生理痛もなく、経血量も少ないほうだった私。でも、学生時代に、生理に変化が起こりました。そして、その変化はある病気の予兆だったのかもと、今となっては思います。もっと早く受診すればよかったと感じた私の症状をお話します。

急なドロッと経血に加え、かなりの大きさの血の塊が…

当時、13歳くらいだった私は、生理中に、家族と親族の家へ行きました。自宅を出てから時間も経っていたので、親族宅でトイレを借り、ナプキンを交換。ただ、そのときは、出血量はそこまでありませんでした。

その後、親族や家族としばらく談笑し、そろそろ帰ろうかなというときです。少しおなかが痛くなり、ゆっくり立ち上がると、突然、今までに感じたことのない感覚と感触がありました。ドロっと経血と血の塊です。

それまでもドロっと経血は何度も経験していましたが、いつもの何倍もの量が出たのは立ち上がった時点で分かりました。一気に大量の経血、しかも、まだ経血が止まっていない感じ。私は軽くパニックになり、すぐトイレに駆け込みました。やはり、ドロッと経血だけでなく、明らかに塊、それもかなりの大きさでした。

交換して1時間未満、しかも多い日用だったのに、ナプキンは経血でパンパン。吸収しきれずに漏れ、服の方まで染みていました。

始まった重い生理痛の日々。「受診すべき?」と悩んだけれど…

その日からです。毎回の生理では、経血量が多くなり、今までなかった生理痛も徐々に出始めました。さらに、生理が始まる10日前からお腹が痛くなるなど、生理痛は年々重くなっていきました。

血の塊が出る事もどんどん増え、内心、体のことが心配になっていました。ただ、生理の痛みや経血量は、ほかの人と比べにくいもの。「この症状で受診するべきなのかな…」と悩みつつ、結局、何年も経ってしまいました。

結婚・妊娠を考え始めてわかった、子宮摘出の危機

月日は経ち、重い生理痛などに付き合いながら成人し、結婚を意識するようになったころです。突然、ひどい生理痛で倒れ、救急車で病院に搬送されました。そこでわかったのは「子宮内膜症」。医師には「このままでは、妊娠できないだけでなく、子宮も摘出しないといけなくなる」と言われてしまったのです…。

その日から治療がスタート。幸い、まだ若かったということもあり、投薬治療を経て、妊娠、出産をすることが出来ました。でもそれは、運がよかっただけで、本来であれば妊娠することも無理だったのかもしれない…そう思うのです。

「子宮内膜症」の経過については、出産後しばらくしたら、再受診することになっているので気は抜けませんが、産後は生理痛がかなり軽くなりました。

まとめ

「生理は周りと比べられないから…」「私はまだ軽い方だと思うから…」などと思いがちですが、鎮痛剤を飲まないと耐えられない生理痛があったり、血の塊などが多かったりしたら、受診すべきだったと思います。私のように、倒れてからでは手遅れになることもあるのではと思います。受診して、何もなければ、それは健康だということ。自分の未来を大切にするために、少しでも生理で不安なことがあるなら、受診することをおすすめしたいです。

文/髙嶋さんちのママさん

トラブル・病気カテゴリーの最新記事