「やば、動けない…」生理中のデートで貧血、運ばれる羽目に…【体験談】

「やば、動けない…」生理中のデートで貧血、運ばれる羽目に…【体験談】

私には生理中に起こる、ある症状に長年悩み続けていました。それが貧血。とくに思い当たる原因もないのに、貧血症状が頻繁に起こるので、電車などの乗り物に乗ることもためらっていました。しかし、食生活の改善と市販のサプリメントを服用することで、貧血は徐々に改善。私にとって大きな悩みだったものが、1つ解消されるまでの体験談を紹介します。

電車でうずくまるほどつらい貧血

生理中、頻繁に貧血を起こすようになったのは、私が大学生のころでした。しかも、貧血は生理初日や生理前半とか決まっているわけではなく、大抵突然起こります。密度の高い電車やデートで行った水族館、夏には路上でさえ貧血が起こり、生理中の外出は気が気じゃありませんでした。

なかでも、最もつらかったのは電車の移動。立っていると急にふらついてうずくまってしまい、やむなく途中下車せざるを得ないことも少なくありませんでした。最悪のケースでは、そのまま駅員室へ運ばれたこともあります。

ですが、健康診断などでは異常を指摘されたこともなく、母にも同じ症状があったため、病院を受診するまでもないという認識だったのです。

鉄分補給のサプリメントを服用しようかと思い始めていましたが、当時は市販のサプリをあまり信用していなかったため、手を出せずにいました。

デート中に倒れ、「これはいけない!」

当時付き合っていた彼氏とのデートで水族館へ行ったときのこと、密度が高かったことや暖房が効いた屋内だったことが相まってか、突然の貧血で動けなくなってしまいました。水族館のスタッフに車椅子で医務室へ運ばれることになり、周囲の人には注目されるし、デートは台無しになっちゃったし……と落ち込みました。

これではいけない!と私はようやく、貧血を改善するための具体的な改善策をネットで検索。調べてみるとたくさんの情報がヒットして、少し安心したのを覚えています。

多くのサイトに共通していたのが、食生活の改善やサプリメントの服用といった改善策。サプリメントへ不信感をもっていた私ですが、多くのサイトでおすすめされているの見て、一度は試してみようと、さっそく実行にしました。

貧血を起こす頻度が徐々に減った!

私が具体的におこなったことは、あさりやレバーといった鉄分を多く含む食事を積極的に食べることと、市販のサプリメントを飲み始めたことです。食事では、味噌汁の具はあさりにする、炒めのものなどにもレバーを含めるなどを積極的におこないました。

そして服用したサプリメントは、ネットから情報を得て価格帯や取扱店が多く手に入りやすいことを考慮して選んだDHCの「ヘム鉄」。初めて飲んだときには、鉄分特有の少し舌に引っかかる感じを覚えましたが、すぐに慣れました。

改善策を実行し始めてから3~4カ月経ったころ……「あれ、最近貧血で倒れてないかも!?」と気が付きました。正直なところとてもシンプルな方法なので、はじめは半信半疑でした。

しかし、私には聞きました! 貧血が急になくなったというわけでありませんが、確実に頻度は減少。今となっては、生理中でもまったく気にせずデートで遠出をしたり、電車に乗ったりできるまでに、改善したのです。

まとめ

生理中の貧血に悩んでいた私が、改善策を実行し無事解消できました! ちなみに食生活とサプリメントは今も継続しており、そのおかげなのか現在でも生理による貧血は起きなくなりました。地道な方法だからと侮らず、続けてよかったなと思っています。

監修/助産師REIKO
著者/Hime

トラブル・病気カテゴリーの最新記事