「なぜ見せてくれない?」筋腫の実態がわからず不信感MAX!/巨大筋腫#6

「なぜ見せてくれない?」筋腫の実態がわからず不信感MAX!/巨大筋腫#6

前回のお話:「こんなのおかしい」症状は悪化してるのに経過観察でモヤモヤ…/巨大筋腫#5

以前にも、PMS(月経前症候群)症状のイライラや生理前睡魔についての秀逸なイラストを紹介させていただいた、3児の母のさやかわさやこさん。長年悩まされていた生理症状について、20代になったころに受診をしたら、次から次へと婦人科系の病気が判明。最終的には巨大筋腫が見つかったそうです。

巨大筋腫が見つかるまで、そして見つかってからのことを、さやかわさん独特のタッチでまとめられたマンガをご紹介します!

どうも、さやかわさやこです。
前回、担当医師に対してモヤっとしつつも、MRIを受けることを決めた続きです。「MRIを受けて筋腫の状態がわかればきっと気持ちも晴れる」そう思っていました。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

※子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍です。30~40代の女性に多く、生殖年齢にある女性の20~30%にみられると言われています。子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、大きくなると過多月経、月経困難症、不妊、圧迫症状など、さまざまな症状が現れるため、早めに診断・治療を受けることが大切です。

これ《別れたい彼氏》と《どうしようもない彼氏に散々振り回された挙句フラれた彼女》みたいですね。

てか、手術担当に変わりますってなんやねん!
おまえは何担当やねん!
手術せーへんのかい!

……すみません、口が悪くなりました。そんなこんなで結局、子宮筋腫の実態はわからず。次回へ続きます。

医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

※この漫画は実話に基づいた体験談であり、ベビーカレンダー編集部を通して、婦人科医の監修を受けた記事です。ただし、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

▼連載を最初から読む:「右と左、両方?」下腹部事情を告白!/巨大筋腫ができちゃいました#1
▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

関連記事:
子宮全摘!疲れやすいのは加齢のせいじゃなかった/40代婦人科トラブル#1
「ねぇ、足から血…」「え?まさか!」男友だちの言葉に血の気がひいた!


さやかわさやこさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね!

この投稿をInstagramで見る

さやかわさやこ(@futomomushi)がシェアした投稿

トラブル・病気カテゴリーの最新記事