「無月経ですね」モデル体型を目指してダイエット!そして起きた異変…

「無月経ですね」モデル体型を目指してダイエット!そして起きた異変…

独身時代の私は、美容が最大の関心事。きれいになりたい願望からモデル体型を目指してダイエットを始めたのですが、何事もやりすぎは禁物であると、身をもって体験しました。ダイエットを頑張りすぎて体が不調になったのです。

モデル体型を目指してダイエットを決意

「きれいになりたい!」と、独身時代は美容への意識が高かった私。モデルのようなボディに憧れてスマートになろうと思い、ダイエットを決意しました。

目指したのはモデル体型のBMI。身長と体重の関係から算出した肥満度を表す体格指数をモデル体型並みの数値にして、その数字をキープしようと思ったのです。数値は事前にネットで調べて把握していました。

頑張りすぎて生理がこなくなった

頑張ったかいもあって、当時、153.5cmの身長で47kgだった体重が40kgにまで減少。でも、頑張りすぎて生理がこなくなってしまったのです。

私が実践したのは、睡眠時間を削ってまでおこなった運動と、炭水化物も油も抜いた食事制限。痩せすぎは体に良くないという知識もなく、ただ数字を下げることだけを目的に、こんなハードワークを2年くらい続けていたのです。

体重だけでなく、20%ほどあった体脂肪率も10%くらいにまで減らしました。以前、アスリートの体脂肪率がどのくらいあるのかネット記事で読んだことがあったので、体組成計に「痩せ型アスリート体型」と表示されたときは、「うれしい! アスリートに近い、良い体型になってきたんだ!」と喜んでいた記憶があります。

でも、痩せ細って生理も止まったとなると「これはマズイんじゃ……」と思い、婦人科を受診。医師から「痩せすぎによる無月経ですね」と言われてしまいました。

モデル体型のように痩せてきれいになったように見えても、体の中は不調。このとき、やみくもに痩せることは良くないこと、ホルモンバランスを整えるには適度な脂肪が体型維持のためにも必要であることを知りました。

食生活を改善して健康な体を取り戻す

その後、私は栄養について勉強。バランスの良い食事や体に良い油の摂取、トランス脂肪酸・農薬・添加物といった体に良くないと言われているものを極力避けた食生活を目指しながら、少しずつ健康な体を取り戻していきました。そして痩せすぎ体型から脱却し、体重が42kgになったころ、また生理が再開しました。

まとめ

私の場合、「あれ、今月生理がこないな……」と気づいてすぐ婦人科に行ったので、無月経期間は長引かずにすみました。そして、健康的な生活を続けているおかげか、結婚後、すぐに子どもも授かりました。

本当の美しさは、外見を細くするものではないことを実感。反省しています。内側からあふれる健康的な美しさは大切だと学んだ今は、自分の美容に割く時間より、夫や子どもに注ぐ時間のほうが、ずっと大事になりました。

監修/助産師REIKO
———-
文/白井 翼さん

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談をもっと読む

トラブル・病気カテゴリーの最新記事