「ママ、大丈夫?」息子に見られショック!後悔した私が試したモノ

「ママ、大丈夫?」息子に見られショック!後悔した私が試したモノ

産後、生理が再開し、経血量が多くて悩んでいました。特に多い2日目の夜はどうすれば漏れないか試行錯誤。そんなとき、あることがきっかけで思い出した商品のおかげで、多い日も快適に過ごせるようになったのです。

産後、再開した生理で悩みが

30代前半で妊娠・出産し、産後しばらくして生理が再開。すると、産前より経血がサラリとして、量も20代前半くらいのころのように2日目がとても多くなりました。

そこで問題になったのが、多い日の夜。経血が産前よりサラリとしたせいか、寝るときの漏れが気になっていました。とりあえずは夜用のナプキンに防水布が広いショーツで対応してはしていたのですが……。

息子に見られ複雑な気持ちに

そんな生理中のある日のことです。その日も夜用のナプキンに防水布が広いショーツで就寝しました。すると翌日、2歳の息子が私を見て「ママ、大丈夫?」と言ってきたのです! 経血がパジャマにまで染みてしまい、それを息子に見られてしまったのです!

息子に見られた恥ずかしさと、血を見せてビックリさせたことへの後悔、心配してくれる息子のやさしさがうれしかったのとで、ものすごく複雑な気持ちになりました。

さらに私は、フルタイムの仕事持ち。朝は息子を保育園に連れて行って出勤しなければなりません。ただでさえ忙しい朝の時間に、汚した布団のシーツや衣類を洗う手間! なんとかならないかとモヤモヤしていたとき、ある商品のCMを思い出しました。

想像以上に快適だった!

私が思い出したのは、ショーツ型ナプキン。そのときちょうどお店でショーツ型ナプキンがお試し2枚パックで販売しているのを発見! 私の場合、生理期間中に経血量が多くなるのは2日目の夜くらいなので、「2枚程度だったら……」と、試しに購入してみることにしました。

実際に使ってみると、想像していたほどゴワついておらず、やわらかな肌ざわり。その快適さと安心感で生理の夜とは思えないほど、ぐっすり安眠できました。

「ショーツ型ナプキンだけで2日目の経血量に耐えられるのかな?」と少し不安はありましたが。8時間眠っても、漏れなし! ムレなし! サラリ感を持続したまま爽やかな朝を迎えることができました。このとき以降、私にとってショーツ型ナプキンは、2日目の夜の心強い友になっています。

まとめ

正直、紙おむつをはいているような気恥ずかしさはぬぐえません。それでも、使い心地のよさ、経血漏れを起こしたときにかかる処理の手間や安眠のことを考えればどうってことはありません。

ただ、私は「誰に見せるわけでもなし……」と思いつつも、ショーツ型ナプキンをつけるたび、夫には見られないよう細心の注意を払っていました。しかし、使用して3回目くらいで夫に気づかれて……。でも看護師でもある夫は「いいのがあってよかったね」とやさしく言ってスルーしてくれました。

監修/助産師REIKO
文/まなさん

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

トラブル・病気カテゴリーの最新記事