「帰りのバスがない…」タイの田舎町で大パニック!でも…まさかの展開へ…

「帰りのバスがない…」タイの田舎町で大パニック!でも…まさかの展開へ…

今の夫と付き合っていたときのことです。学生時代にお互い初めての海外旅行先で、「あ、この人となら臆病な自分がどうにかなるかも…」と思った瞬間がありました。

20年弱経った今、私は11年ぶりの第二子出産を前駆陣痛に耐えながら待ち構えています。結婚5年で夫は脱サラし木工修行に岐阜県へ。1歳の息子を連れ私まで脱サラ。慣れない田舎生活を2年楽しめたのも家族がいたからかもしれません。帰京してすぐに独立した夫と息子との生活のため必死で働き、気付いたらあっという間の20年でした。自分は強くなれたと思っていましたが、人間が真っ直ぐな夫に精神的に助けられていると感じます。先日、父を見送ったときに切に思いました。あと何年一緒に助け合っていけるのかな、なんて思いながら過ごしています。

原案/あんまんまさん
作画/モリナガアメ

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

結婚カテゴリーの最新記事