「やさしい嘘」に救われた?修学旅行先で突然生理になって…

「やさしい嘘」に救われた?修学旅行先で突然生理になって…

私が高校2年生のときのことです。沖縄での修学旅行1日目に生理がきてしまい、タンポンを準備していたものの、うまく使えずに悔しい思いをしました。マリンスポーツを楽しみたかった……そんな悔しさを癒やしてくれたのは、仲の良い友だちでした。

修学旅行中に生理が!

高校生活の楽しみの1つ、修学旅行。行き先は沖縄で、2日目には海に行くことになっていました。しかし、私は生理が早まり、なんと修学旅行1日目に生理がきてしまったのです。

予定外のことでしたが、当時はまだきちんと生理周期が定まっていなかったので、早めに生理がくることを想定して、念のために生理用品を準備していました。さらに、使ったことのないタンポンも母のすすめで持参していました。これで一安心!のはずだったのですが……。

初めてタンポンに挑戦! でも…

海に行くことになっていた修学旅行2日目。水着に着替える前にトイレでタンポンを使おうとしました。しかし、どうしても怖くて、タンポンを入れることができませんでした。説明書を読んでも、やり方が合っているのかどうかすらわからず焦るばかり。楽しみにしていた沖縄の海なのに……と、悔しくて涙が出てきました。

そんなとき、ずっとトイレに入っている私のことを心配した同じグループの友だちが様子を見にきてくれました。でも、私はこのままでは一緒に海に入ることはできない……。みんなにとっても、一生に一度しかない「高校の修学旅行」を楽しんでほしくて、「私、海は諦める!」と笑うことしかできませんでした。

友だちが「私も生理になっちゃった」

その数分後、グループ内のある友だちが私のところにきて、「私も生理になっちゃった~」と言ってきたのです。私は「砂浜でひとり座って過ごすしかないのかな~」と思っていましたが、その友だちと浅瀬で遊んだり、写真を撮り合ったり、海に入れなくても楽しい時間を過ごすことができました。

ですが、修学旅行から帰って1週間ほど経ったころ、彼女がポーチを持ってトイレから出てくるところを目撃したのです。「もしかして今、生理なのかな?」と同時に、「沖縄で『生理がきた』と言ったのは、私を長時間ひとりにさせないための嘘だったのかも……」と思いました。しかし、結局、彼女には真相を聞けないまま卒業してしまいました。

まとめ

1児の母となったその友だちとの交流は、今でも続いています。大人になってから、あのときのことを聞いてみると、生理がきたというのはやっぱり嘘だったそうです。「あのとき楽しかったからいいんだよ~」と笑って言ってくれました。また、イベントに合わせて生理用品を準備する場合、当日すぐに正しく使えるようにあらかじめ使用感などを確認しておくことが大事だと学びました。

監修/助産師REIKO
著者/沖 千夏

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

体験談カテゴリーの最新記事