「見られたくない姿を…」同期から始まった「友だち感覚夫婦」のその後

「見られたくない姿を…」同期から始まった「友だち感覚夫婦」のその後

新卒で入社した会社の同期として知り合った私と夫。同期として同じ事務所で2年間働く間に、楽しいことも苦しいことも共有してきた特別な友だちのような絆がありました。その後、1年間のお付き合いを経て結婚しましたが、結婚後5年が経っても、どこか友だち感覚が抜けません。そんな友だち感覚夫婦のその後について感じることを綴ります。

関連記事:
「もっと早く言って…」初耳!結婚式当日、義父母から言われたこととは?

背伸びしない、等身大の自分でいられる

私は、好きな人ができると「良く思われたい」「好きになってもらいたい」と思ってしまい、背伸びして自分を良く見せようと思ってしまうタイプでした。その結果、いつの間にか苦しくなってしまうことも……。

その点、夫とは2年間の友人期間がありました。さらに、同期として同じ職場で働く中で、失敗や、目標が達成できず悔し泣きする姿など、本来人に見られたくないような姿をたくさん見せあってきました。

そういう時期があって恋愛関係になったので、お付き合いを始めた後も背伸びせず、等身大の自分をさらけ出すことができています。結婚生活はとても長いので、等身大でいられることは、今でもとても大切だと思っています。

楽しむことは、友達のノリでとことん楽しむ♪

夫婦になったからといって、かしこまらず、友だちのころのままの感覚で楽しむことを大切にしています。

例えば、行く当てもなく夜中にドライブしたり、突然「うどんが食べたいから香川に行こう!」とドタバタ旅行に出かけたり、友だち同士でしそうな楽しみを夫婦になっても続けています。夫は、夫としての役割だけでなく親友としての役割も担ってくれていて、愛する人&親友という存在が傍にいてくれることはとても心強いです。

結婚カテゴリーの最新記事