「もう我慢の限界だわ!」室温設定で大ゲンカ!一緒に暮らすハードルを知った…

「もう我慢の限界だわ!」室温設定で大ゲンカ!一緒に暮らすハードルを知った…

長年付き合った彼にプロポーズされ、2人で暮らし始めることに。楽しく平和な日々を過ごしていくはずが……室温の調整で大げんか! 付き合っていたころは我慢できても、毎日となると話は別でした。

長く付き合った彼と待望の新婚生活!

幼いころからひときわ結婚生活に憧れを持っていた私は、大学時代から付き合いのある彼を急かすようにしてプロポーズをしてもらい、結婚をしました。実際、結婚してからの日々はとても楽しく、毎日が過ぎていきました。

しかし引越しをした春を過ぎ、徐々に気温が上がり始めると、2人の間で適温だと感じる室温に違いがあることが判明したのです。

夏になり私は我慢の限界に

初夏にさしかかると、暑さと湿度に耐えられないのか彼がエアコンを入れたがるようになりました。しかし私は冷え性のため、初夏でも体に冷えを感じることが多くあります。

付き合っている間は少しの時間しか一緒にいないこともあり、我慢できていました。しかしこれが毎日のことになると話は別です。私は我慢できずに夫に相談をしました。

はじめは夫もわかってくれ、私に室温を合わせてくれていましたが、やはり暑さを感じるようで、とうとう喧嘩になってしまいました。

暑い!寒いの応酬で大げんか!

またエアコンの室温を下げると私が寒いと怒り、エアコンの室温を上げると暑いと夫が怒る応酬が夏の間中続きました。平穏な期間は春と秋だけ、冬も同じような理由で喧嘩になりました。

私に冷え性はあるものの、お互いものすごく暑がり・ものすごく寒がりということはありません。実際付き合っている間は何の違和感もなく相手に合わせていたこともあり、こんなことで喧嘩になることが驚きでした。

お互いがお互いに気遣える関係性に

しかしある日ふと、自分たちは自分の主張を押し付けるだけで相手の都合をまったく考えてないことに気付きました。私たちは一度話し合い、窓の開閉、エアコンのオンオフ、温度の上げ下げなど室温を変えたいときは相手に確認を取ってからおこなうようにしました。

たったこれだけのことでしたが、お互いへの不満がぐっと減り快適に過ごせる環境に変化。相手を思いやる大切さに気付かされたのでした。

まとめ

現在は、夏はエアコンの温度を低めに設定して私が厚着をし、冬は温度を高めに設定して夫が薄着やこたつの外に出ることで調整できています。いまだにささいなことで喧嘩はしてしまうし、憧れ通りの生活にはなかなか届きません。それでも私たちらしく、お互いに思いやりをもって楽しい結婚生活を送っています。

著者/百田

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談マンガはこちら

関連記事:
「もっと早く言って…」初耳!結婚式当日、義父母から言われたこととは?
「顔見たら来ないでしょ!」と思いきや…意外な展開に!?/結婚相談所-夫編-

結婚カテゴリーの最新記事