「私といても不幸になる」うつ病の私。彼に泣きながら別れを告げると…

「私といても不幸になる」うつ病の私。彼に泣きながら別れを告げると…

28歳当時の私は、躁うつ病を患っていました。当時付き合っていた彼がいたのですが、「こんな私といて彼は幸せなのかな」と毎日悩んでいました。そんなあるとき、私の心を大きく変える出来事が起きて……。

関連リンク:
「強烈に感じる」義両親の前で涙ポロポロ。結婚とともに義実家同居した私の事情

躁うつ病を抱えながら彼と同棲をスタート

28歳のとき、私は躁うつ病になりました。気分の上がり下がりがあり、薬がないと不安で生きられないような状態。そんな病気を抱える私に、当時付き合っていた彼が「同棲しよう」と話を持ちかけてきてくれ、同棲を始めることになりました。

しかし、同棲を始めたばかりの私は、日中は毛布にくるまり、寝室の角でどこか一点を見つめながら4時間ぐらい過ごし、あとは薬で眠るという生活リズム。一方の彼はとても忙しく、朝から次の朝方まで働くという生活サイクルでした。

私の心を大きく変える出来事が!

病気を抱えた私でも、やさしく支えてくれた彼。それでも、やはり体調はなかなか安定せず、後ろ向きに考えてしまう日々は続いていました。しかし、そんなある日、私の心を大きく変える出来事が起きたのです。

それは、2016年4月16日に発生した熊本地震。

その日も、私は薬を飲んでぐっすりと眠っていました。するとそこに大きな揺れが!薬を服用していたとはいえ、さすがに気がついて目を覚ましました。すると、彼が私に覆いかぶさって必死に守ってくれていたのです! 目覚めた私に「起きないからどうしようかと思った」と彼は言いましたが、その声は震えていて……。ともかくすぐに2人で家を飛び出し、車へと逃げました。

それまで「なんで生きてるんだろう」と考えていてばかりだった私でしたが、このとき初めて「私はこの人を本当に大事にしないといけない」と思ったのです。

結婚カテゴリーの最新記事