「結婚したら人が変わることもある」実母のチクリに負けず私が選んだのは

「結婚したら人が変わることもある」実母のチクリに負けず私が選んだのは

結婚相手は絶対に「尊敬する人」と決めていた私。27歳で結婚した夫は、人の悪口を言わず、相手を思いやれる理想の人です。実は結婚前、夫が「理想である”尊敬できる人”か」は見極めるために、していたことがあるんです。

私が結婚相手に望むのは「尊敬できる人」

結婚相手に求めるものは人によってそれぞれあるでしょうが、私が求めていたのは「尊敬できる人」。自分なりに尊敬できる人と結婚したい!と心に決めていました。

そんな私が27歳のときにプロポーズされて結婚した夫は、まさに理想の人。後からグチグチ文句を言わないし、人の悪口も、相手を傷つけるようなことも言わない。自分ができることがあれば率先して動くし、自分で何をすべきかを常に考え、相手を思いやることができるところを本当に尊敬しています。

母が「結婚したら人が変わるってこともある」とチクリ

彼にプロポーズされてから入籍するまでには、両家の顔合わせを始め、新居や結婚式などを、2人でじっくり話し合いながら決めました。

そんな幸せな日々が続くなか、母がチクリとあるひと言をいいました。

「結婚したら人が変わるってこともあるのよ」。

母は私を心配してのことでしょうが、そんなこと言ってたら、いつまでたっても結婚できません。そして私は自信があったのです。もちろん、付き合っているときから彼のことをきちんと見てきたし、そして、彼のご両親の様子も見てきたからです。

彼のご両親は、人を悪く言わないし、傷つけるようなことも、マイナスなことも言わない、そんな2人でした。そして、自分を後回しにして相手を優先する姿や、相手と向き合う姿も素晴らしく、まさに「この親にしてこの子ありだな!」と感じていたのです。何より、彼自身も「両親を尊敬している」というほどのご両親でした。

夫の立ち振る舞いに、私は見習うばかり

結婚後も、夫はグチひとつ言いません。お願いしたことはすぐに行動に移してくれるし、忙しくても、一緒におしゃべりして話を聞いてほしい私の相手をしてくれます。私が不満に思ったことや気になったことはきちんと2人で話し合い、夫は素直に受け止めて直してもくれました。もちろん私も彼の意見を受け止めるので、今まで喧嘩になったことがないんです。

もともと怒ったり、ひどい口調や言葉も使ったりしない人ですが、妊娠中は特に言葉がけがやさしいことを実感。産後は率先して子どものことや家事をしてくれるのでとても助かり、ただただ「ありがとう」と感謝するばかりです。

まとめ

相手の気持ちを「コレはこう!」と決めつけず、子どもに対してもしっかり向き合ってくれる夫。お互いが「これをするのが当たり前」になるのではなく、相手を尊重してできる人がやれることやる。そんな彼の立ち振る舞いに私は見習うばかり。結婚前に、彼と彼のご両親の姿を見て「尊敬できる人」と確信した私の目に間違いはありませんでした!

長い年月をともに過ごす夫婦。これからもお互いなんでも言い合えてあまり不満をためず、2人で話し合って前向きに過ごせたらいいなと思います。彼と結婚できて本当に良かったです! 

文/HYYyさん

結婚カテゴリーの最新記事