「泣ける…!」日本語を話せない夫からのプレゼント。まさかの状態で届き…

「泣ける…!」日本語を話せない夫からのプレゼント。まさかの状態で届き…

私はオーストラリアで出会ったブラジル人と国際結婚し、今はブラジルで暮らしています。日本語がまったくわからない彼は、結婚後に半年ほど日本で暮らしたことがありますが、その間、すべてにおいて私に頼りっぱなしでした。

そんな日本語がわからない彼が、日本滞在中に私の誕生日プレゼントを買ってくれました。改めて感じた彼のやさしさ、国際結婚ならではのエピソードをお話します。

日本語がわからない彼にイライラ

私の夫はブラジル人です。オーストラリアで出会いましたが、結婚を機に一時期日本で暮らしていたことがあります。夫は日本語がまったくわかりません。日常会話どころか、ひらがな・カタカナの読み書きもまったくダメです。

そんな夫と日本で暮らすのは、最初のころは異常にストレスがたまりました。オーストラリアでは頼りになった夫が、日本に来た途端、何もかも私に頼ってくるようになったからです。市役所関係の手続きはもちろん、スーパーの買い物すら彼1人ではままならないこともあり、いきなり大きい子どもができた気分でした。

オーストラリアでは外で仕事をしていたものの、日本に来てからは在宅の仕事になった彼。家に帰ればいつも彼がいて、なおかつ彼の知り合いは私1人ということで、ずっと私にべったりひっついてくる状況は、本当に苦痛でした。当時は「なぜ結婚してしまったのか……」と思ったものです。

期待していなかった誕生日

そんな状況のなか、結婚して初めての私の誕生日がきました。この年のプレゼントは正直まったく期待していませんでした。日本語がわからず、1人ででかけるのもままならない彼が、何か買ってくれるとまったく思っていなかったからです。

ところが私の誕生日当日、某インターネットショッピングサイトから荷物が届いたのです。その荷物を受けとった彼は、それを私に渡しながら最高の笑顔で「Happy Birthday!」。1人で出かけることもできない彼は、彼なりに考えてインターネットのサイトで私のためにプレゼントを選んでくれたのです。

うれしいサプライズでした。喜々としてショッピングサイトの箱をあける私。ですが、中身はそれを上回る衝撃的なものだったのです。

彼の頑張り、やさしさに感動

ショッピングサイトの箱を開けて出てきたもの、それはのし付の包装がされた箱でした。まだ20代の、しかも夫婦間の誕生日プレゼントにのしがついてた上に、包装紙も年配の方におくるお歳暮で使われるような渋いもの……。「誕生日プレゼントがまさかののし付き!」と爆笑してしまいました。

日本語のわからない彼は、日本語のインターネットサイト上でGoogle翻訳にかけながら、商品を選び、注文したのだと思います。そのとき「贈答用」が英語で「プレゼント用」と英語翻訳されたのでしょう。その結果、誕生日プレゼントにのしと渋い包装紙が付くという事態に。

おかしくてしょうがなかったのですが、日本語がわからないなりに頑張って商品を選んで注文してくれたんだな……と思うと、本当にうれしかったです。のしが付いた渋い包装紙も含めて、とっておきのプレゼントになりました。

まとめ

日本語がわからない彼との日本での結婚生活は、私にとって負担が大きく大変だったことも多かったです。ですが、それ以上に笑えて幸せを感じる出来事も多かったです。こののし付きのプレゼントも、そんな出来事の1つです。結婚生活は大変なことも多いですが、こういった小さな幸せにちゃんと目をむけるのが、良い結婚生活を続けていくための秘訣だと感じました。

著者/レイトン愛加

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

結婚カテゴリーの最新記事