結婚10年で築いた夫婦関係。でも単身赴任であっという間に心が離れ…

結婚10年で築いた夫婦関係。でも単身赴任であっという間に心が離れ…

結婚10年目のことです。夫の転勤が決まり、いろいろな事情から別居をすることにした私たち夫婦。しかし、そこには想像もしていなかった2人の心の変化を実感しました。そんな私の単身赴任別居に対する持論です。

お互いの大切さに気付くはずが…

「単身赴任別居によってお互いの大切さを見直すことができる」と、どこかの結婚カウンセラーが言っていたのを聞いたことがあります。私も実際に夫の単身赴任による別居を経験をしなければ、「なるほど、そういうものかもしれないな」と思っていたかもしれません。

でも実際に別居を経験してみると、私たちの場合はそうではなかったのです。

どんどん心が離れていく…

私たち2人は、個性がまったく違う夫婦ですが、長い結婚生活のなかで、お互いが相手に合わせようとしながら円満に生活をしてきました。そんななか始まった単身赴任別居。最初のうちは別居をしている夫が1カ月に一度帰ってくると新鮮さを感じていましたが、別居をしたことで、それぞれの個性はどんどん強まるばかり。お互いに相手の考え方や思いを受け入れようという気持ちが徐々に薄れていったのです。

つまり、別居でお互いの大切さを見直すどころか、2人の距離がどんどん離れていくという、想像もしなかった状態に陥りました。

私たちに別居は向いていなかった

一緒に生活していたときは、それぞれ自分の個性を強調し過ぎず、お互い相手の個性を受け入れながら関係性を作り上げてきたのに、別居にすることによって、長い期間かけて積み上げてきた夫婦関係も、あっという間にもろく崩れさってしまう恐れを感じ始めました。

そんなとき、夫の単身赴任が2年で終了。おかげで、2人の気持ちが離れすぎる前に別居を解消し、再び一緒に暮らし始めたことで、私たち夫婦は関係を修復。大事には至りませんでした。そしてその後、私たち夫婦の場合は、単身赴任などの別居はできるだけ避けた方がいいと思うようになりました。

まとめ

単身赴任別居を実際に経験したことから、私たち夫婦にとって「別居は、夫婦関係をあっという間に壊してしまう威力がある」と実感。今後また転勤など単身赴任を考えることになったとしても、できるだけついて行くか、2人の関係を密にする工夫をしなければならないと思っています。

著者/SAKURA

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

結婚カテゴリーの最新記事