「しくじった!」話題の月経カップ。セレクトミスで見事に漏れた…

「しくじった!」話題の月経カップ。セレクトミスで見事に漏れた…

最近テレビや女性雑誌で見かけることが多くなった「月経カップ」。タンポンやナプキンと比べると、長時間取り替える必要がない、かぶれがなくなる、臭いが軽減するなどたくさんのメリットを聞いていたので、思い切って月経カップを使ってみることにしました。

月経カップを使い始めたきっかけ

私はもともと生理用ナプキンを使用するとかぶれやすく、生理用ナプキンとタンポンを併用していました。しかしタンポンは快適な反面、臭いが気になるときも……。

そんなとき、女性雑誌で月経カップ(生理カップ)の存在を知りました。記事によると「臭いの軽減」や「長時間の使用が可能」などのメリットがあるとのこと。自分の悩みであった臭いから解放される上に、長時間挿入できるという、面倒くさがりの自分にぴったりの製品だと思い、月経カップを使用してみることにしました。

悩みつつ月経カップを購入

月経カップはインターネットでも購入できますが、私は店員さんと相談して購入したかったので、とある雑貨屋さんで販売されていることを電話確認し、実際に店頭に出向いて購入しました。

実際に店頭に行くと……悩みました。というのも、月経カップとひと口に言ってもいくつかメーカーがあること、サイズもメーカーによりますがS~XLまであり、自分がどのサイズを選ぶべきか判断が難しかったからです。

結局店員さんといろいろ話して、ドイツ製の月経カップMサイズを購入しました。

月経カップをいざ装着

生理が始まったので月経カップを使ってみることにしました。月経カップのパッケージには装着方法が記載されており、その指示に従って装着……と思ったのですが、なかなか入らない。月経カップを折り曲げ、挿入し、腟内で開いているか確認する、というシンプルなステップなはずなのに、まず入らないのです。

試行錯誤してなんとか挿入しましたが、今度は腟内でうまく開いていない……。結局最初の月経カップ装着は20分以上かかった上に、指や性器周りが経血で汚れるという悲惨なものになりました。

あれだけ苦労してつけたのに…

月経カップを挿入してから5時間くらいたったころ、股にどろりとした感覚が。月経カップから経血が漏れていたのです。幸い、念のため生理用ナプキンも着けていたので下着が汚れることはありませんでしたが、あれだけ苦労してつけたのに……少しショックでした。

漏れた原因は月経カップのサイズが合っていなかったからのように思います。小さいほうが装着しやすいと聞いたのでMサイズにしたものの、私はもともと経血量が多いことに加え、背が高く、出産経験もあるので、Mサイズでは小さかったようです。

結局、私の場合、Lサイズの別メーカーに買い換えて漏れることはなくなりました。

まとめ

月経カップは、自分にあったメーカーやサイズが見つかるまで、最初はいくつか試す必要があるかもしれません。長い目で見ればお財布にやさしい経血カップですが、最初は費用がかかることもあるのだなと思いました。

ただ、自分にあったサイズやメーカーが見つかり、装着・脱着に慣れればメリットの大きいものだと思いました。外出時に装着・脱着するのは、私にはまだハードルが高いので家の中のみの使用ですが、快適です! もう少し慣れたら、外での使用にトライしてみても良いかなと思っています。

監修/助産師REIKO
著者/レイトン愛加

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談マンガはこちら

生理グッズカテゴリーの最新記事