嘘ついてごめん。それでも隠し続けるしかなくて【生理を隠し続けた#8】

嘘ついてごめん。それでも隠し続けるしかなくて【生理を隠し続けた#8】

現在、『少年サンデーS』で「清楚なフリをしてますが」を連載中のマンガ家・倉地千尋さん。ご自身の体験をもとにして、「生理を隠し続ける女の子の漫画」を、Twitterで公開しています。

主人公は、小学校6年生の女の子、月一せいこ。
生理は決して恥ずかしいものではないけれど、初潮を迎える時期の女の子には、大人になるということへの葛藤や恥じらいなど複雑な感情があります。また、彼女と家族、親友、同級生の男の子、保健室の先生など、周囲の人々などとのやりとりを通じて、「どうすれば、子どもに生理が恥ずかしくないものであるということを理解してもらえるのか」についても、考えさせられる作品です。

今回は第8話。様子を気にしてくれている、仲良しのえっちゃんにも打ち明けられず、嘘をついてしまったせいこちゃん。隠していることへの後ろめたさを強く感じているようです。

これまで経血が付いたパンツを庭に埋めて隠していたせいこちゃん。そこへお父さんから「庭に畑をつくる」宣言! このままじゃ、隠していたパンツが掘り起こされてしまう。今こそ、家族に打ち明けるタイミングなの!?

生理は恥ずかしいものではないけれど、せいこちゃんのように知られたくないという思いが強い子もいるようです。せいこちゃんのような女の子の気持ちを、やさしくフォローできるような世の中でありたいですね。

生理のマナーカテゴリーの最新記事