「みんなにバレた…」最悪な気分から救った意外な人【生理を隠し続けた#23】

「みんなにバレた…」最悪な気分から救った意外な人【生理を隠し続けた#23】

現在、『少年サンデーS』で「清楚なフリをしてますが」を連載していたマンガ家・倉地千尋さん。ご自身の体験をもとにして、「生理を隠し続ける女の子の漫画」を、Twitterで公開しています。

主人公は、小学校6年生の女の子、月一せいこ。
生理は決して恥ずかしいものではないけれど、初潮を迎える時期の女の子には、大人になるということへの葛藤や恥じらいなど複雑な感情があります。また、彼女と家族、親友、同級生の男の子、保健室の先生など、周囲の人々などとのやりとりを通じて、「どうすれば、子どもに生理が恥ずかしくないものであるということを理解してもらえるのか」についても、考えさせられる作品です。

今回は第23話。なんとかみんなとの入浴タイムを乗りきった(?)せいこちゃん。でも、途中でみんなの前から姿を消したことで、あの「血」が自分のものだったとバレているのではないかと、心配しているようです……。

大槻くんのひと言のおかげで、再びみんなの元に行くことができ、笑顔を取り戻したせいこちゃん。でも、大槻くんは昼間に見た、座布団の汚れが気になっているようですが……(詳しくは第19話参照)。この先、大槻くんや仲よしのえっちゃんが、せいこちゃんの不安をフォローできる存在になるといいのですが……。

生理は恥ずかしいものではないけれど、せいこちゃんのように知られたくないという思いが強い子もいるようです。せいこちゃんのような女の子の気持ちを、やさしくフォローできるような世の中でありたいですね。

生理のマナーカテゴリーの最新記事