「俺のせい?」イライラの原因を知った夫の反応が素敵すぎ【生理体験談】

「俺のせい?」イライラの原因を知った夫の反応が素敵すぎ【生理体験談】

私は産後、生理前のイライラや頭痛がひどくなり、悩まされています。まだ診断はされていませんが、専門のサイトのチェックリストで見たところ、PMS(月経前症候群)なのかな?と感じています。しかし、このつらい症状を、夫と共有することで変化がありました。そんな私のエピソードを紹介させてください。

産後の生理再開。生理前のイライラや頭痛が悪化した…

第一子を産んだのは35歳、生理が戻ったのは36歳になったばかりのころでした。産後は産前に比べて、周期が整ったり生理痛など軽くなったりすると聞いていましたが、私の場合は逆。生理周期が乱れたり、イライラや頭痛などがひどくなったりしていました。

特にメンタル面での乱れはひどく、生理1週間前になると見事にイライラが始まって……。ダメとわかっていても子どもに当たってしまい、自己嫌悪になることもしょっちゅうでした。

私のイライラに、ついに夫がキレた!でも、意外な展開へ…

中でも、いちばんの被害者は夫でした。仕事で疲れて帰ってきた夫に対して、私は癒やすどころか、いつもなら見過ごせることもわざわざ拾い上げて、グチグチ文句を言ったり、ガミガミと怒ったり。

基本的にはいつも温和でやさしい夫ですが、さすがにそんなことが数カ月連続で続いたあるとき、「何をそんなイライラしてんだよ!!」とキレられました。

そのとき咄嗟に出たわたしの反論は、「PMSなんだからしかたないじゃん!!」。

言われた方の夫は、「ん? 何それ? ピーエス? ピーなにエス?」と困惑顔……。

そうなんです、夫はPMSなんて言葉も知らないし、PMSがどんな症状かも知りません。2つ年上の夫ですが、生まれて初めて聞いた単語だったようです。

言い合いのムードは一気に変わり、私はPMSと自分の産後の症状について説明することに。そして、「あなたには関係のないことなのに、八つ当たりしてごめんね。でも、自分でもどうにもできなくて、つらくて……」と、素直に気持ちを打ち明け、詫びました。

そして、私がひと通り説明をし終えると、夫はこういいました。

「そうだったんだね。どうりで定期的にやけにイライラしてる日があると思ったよ。でも、原因が俺にないってわかって、よかった! こっちこそ気づいてあげられず、ごめんね。これからはヤツ(我が家ではこれ以降、生理前のイライラ症状のことを”ヤツ”と呼んでいます)が来ることが事前にわかれば、覚悟できるわ!(笑)」

夫に知ってもらう→子どもに当たらなくなる→自己嫌悪がなくなる!

この日以来、わたしは毎月”ヤツ”が来たとき、来そうなときは事前に主人に伝えるようにしています。伝えたからと言って、イライラし放題ということではありませんし、イライラ症状がなくなるわけでもありません。

でも、制御不能な厄介なヤツと闘っていることを、味方である夫に知ってもらえるだけで、なんだかとても精神的にラクになるし、症状が軽くなるように感じられるのです。話してよかったなと心から思っています。

また、夫が私の症状を理解してくれたことで、私は子どもにも当たることがなくなりました。というより、当たってしまいたくなるタイミング、機会を夫が奪ってくれるようになったのです。

たとえば、おむつ替えを嫌がったとき、渡してほしいものをなかなかくれないとき、家事の最中に甘えてこようとしたときなどに、夫がいるときなら、夫が間に入ってくれて、私がイラッとするタイミングを作らないようにしてくれるのです。彼の協力のおかげで、自己嫌悪になることもかなり少なくなり、感謝しています。

まとめ

生理や生理にかかわるイライラは、自分自身でなんとかしなきゃと思いがち。でも、痛みや苦しみを共感してもらえなくても、つらいときは誰かに話すと楽になるんだなと思いました。そして相手にとっても、理由がわからずイライラされるより、ちゃんと話してもらって納得すれば、症状を受け入れてもらいやすいんだなと知りました。これからも、どんなことでも主人とシェアしていこうと思います。

監修/助産師REIKO
文/長野やすさん

トラブル・病気カテゴリーの最新記事