ウソ!婦人科系の症状がこんなところに現れる?【危なかった生理体験談】

ウソ!婦人科系の症状がこんなところに現れる?【危なかった生理体験談】

生理周期もほぼ安定し、次の生理は何日にくるというのもだいたい把握していた私。しかし、頭まわりの体調不良とともに、生理予定日よりもかなり早く出血が! 婦人科の不調が、こんなふうに現れることもあるんだなと勉強になった、私の体験です。

ふわふわして、頭が気持ち悪い症状が現れた

25〜26歳のころのことです。なんだか体調がよくない日々が続いていました。頭が痛いというより、頭が気持ち悪いというほうが近いような、ふわふわして、めまいような貧血のような症状があったのです。

たとえば、友達と車で遊びに行ったときに助手席で体調が悪くなって伏せてしまったり、仕事中も何度かふらふらして、人がいないところで少しうずくまっていたりしました。

トイレで出血!生理前の不調?いや、でも…

そんな日々が続いた数日後、トイレに行くと出血が!
私は一瞬「なんだ、生理前の体調不良だったのか!」と思いました。

しかし、よくよく考えてみると、前回の生理終わりから、まだ2週間しか経っていません。「あれ? おかしいな」と思い、様子を見ていると、出血がなんだかいつもと違い、真っ赤なサラサラな血が、排尿時に一緒に出るのです。しかも、ナプキンには一切つかず、3日ほどでぱったり出なくなりました。

あまりにもサラサラで、入浴前に脱衣所で突然血がタラーッと流れ、焦ったことも……。「何日か前に体調不良もあったし、これは普通じゃない…!」と、私は受診をすることにしました。

体調不良の原因は、まさかの婦人科系疾患だった

まず行ったのが内科。そして、頭の気持ち悪さがあったので、脳神経外科を受診しました。しかし、どちらも異常なし。私は「出血もあったからな」と思い、次は婦人科に行きました。

すると、医師から告げられたのは、「生理ではなく、不正出血であること」、そして「排卵をしていない」ということでした。体調不良だったのもそのせいだったそうです。

その後は、排卵促進の注射するなどの治療を始め、無事に排卵をするようになり、体調もよくなりました。

その時、先生に言われたのは「女の人は少しでもいつもの生理と違うな…と思ったら、それは女の人の独特のカンで当たってることが多い。だから、少しでもいつもと違うと思ったら受診してみてくださいね」ということです。

私は、最初の症状が頭の不快感だったので、まさか婦人科とは思いませんでしたが、婦人科系の不調でも、いろいろな症状があるんだなと勉強になりました。女性の体って本当に不思議だなと実感した体験でした。

監修/助産師REIKO
—–
文/岡田景子さん

トラブル・病気カテゴリーの最新記事