「私はまだ大人じゃない!」認めたくなくて、19歳まで生理を隠し続けた

「私はまだ大人じゃない!」認めたくなくて、19歳まで生理を隠し続けた

11歳で微量出血があった私。今振り返れば、あれが生理の始まりだったなと思うのですが、当時は生理だと認めたくなくて……。当時は、母にも相談できずにいました。

生理のことを母に言えなかった小学生時代

11歳のころから微量の出血が不定期にありました。ごくわずかな出血が5日から10日ほどだらだら続き、何日か間があいて、まただらだら微量出血の繰り返し。生理のことは学校でちらっと習っていたので、「これって生理?」と思いましたが、「私はまだ大人じゃない!」と生理を認めたくなくて……。

母にも言えず、微量の出血があるたびにティッシュをあて、年齢があがってからは母のナプキンをこっそり使っていました。

19歳で大量出血! ようやく母に相談

大学生になっても生理らしい生理はこず、不定期に微量出血があるだけ。ところが19歳のとき、これまでに経験したことのない大出血が! ナプキンが1時間で満タンになり、レバーのような塊もポンポン出てきて……。

この大量出血は1週間ほどで治まりましたが、次にきた生理は、また不定期の微量出血状態。このままではいけないと母に相談し、ここでやっと、以前から微量出血があったことも伝えました。

母への相談のタイミングがこの時期になったのは、「これは生理だ」と思えるようなきちんとした出血がこれまでなかったから。でも、11歳のころと違って19歳という大人の体でちゃんと生理がこないのはおかしい、何かの病気ではと怖くなり、病院に行きたいと思ったからです。それでも、母に相談するときは、11歳のときから微量出血があったとは言えず、以前からあったと言葉を濁してしまいました……。

大量出血の原因は不明。判明したのは…

結局、産婦人科を受診しても大出血を起こした原因は不明でした。ただ、多嚢胞性卵巣症候群であることが判明し、自力では生理がこないという診断から、定期的に生理を起こす低用量ピルを飲むことになりました。

その後、私は24歳で結婚。妊活のために28歳でピルの使用をやめて、無事、2人の娘を授かりました。ただ、長女のときに胎盤癒着を、次女のときに子宮破裂を経験。現在、私の子宮はなくなり、生理もこなくなりました。でも、元気に育つ娘たちの姿と、2度も私の命を生かしてくれたことに感謝する毎日です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師REIKO
文/KSskさん

トラブル・病気カテゴリーの最新記事