「生理痛がツライ…」血液検査をしてみたら…えっ、病気が判明!?

「生理痛がツライ…」血液検査をしてみたら…えっ、病気が判明!?

カオリボンさんは、オーストラリアのメルボルンでのワーキングホリデー経験者。PMS(月経前症候群)や月経不順など、もともと婦人科系にお悩みがあったカオリボンさんですが、オーストラリア滞在中に婦人科系の病気が判明したそう。その体験記です。

カオリボンです。
長年PMSや生理痛に悩んでいた私ですが、オーストラリア滞在中に多嚢胞性卵巣症候群が判明しました。当時27歳。「自分の“体”を知ることって大事」そう感じた出来事です。

生理痛と経血量の多さに困ってクリニックを受診し、ピルを処方してもらうことになったのですが……。血液検査をしてみたら「多嚢胞性卵巣症候群」ということが判明したのです。後編に続きます。

※多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは
卵胞(卵子を包み込んでいる袋のようなもの)の発育が抑制され、排卵障害をきたす疾患。生殖年齢にある女性の約5〜8%にみられ、排卵に関連のある2つの女性ホルモンのアンバランスや卵巣内の男性ホルモンが多いことが原因とされています。症状としては、無月経や無排卵周期症(無排卵月経)などの月経異常がみられ、不妊の原因にもなります。治療せずに長期間放置すると、子宮内膜がんなど子宮内膜に異常が起こることもあります。

監修/助産師REIKO

トラブル・病気カテゴリーの最新記事