子宮体がんとはどんな病気? 原因や症状と特徴、治療方法について解説

子宮体がんとはどんな病気? 原因や症状と特徴、治療方法について解説

子宮体がんは婦人科のがんの中では最も多いといわれる子宮がんのひとつで、国立がん研究センターによると、年間およそ13,000を超える人が子宮体がんにかかり、子宮体がんによる年間の死亡者数は2016年で約2,300人となっています。
近年、日本でも子宮体がんにかかる人の数は上昇していますが、子宮がんは早期発見によりその生存率は高くなるともいわれています。では、子宮体がんとはどのようながんなのでしょうか。詳しくお話ししていきます。

子宮体がんとは

子宮がんはできる場所により、子宮体がんと子宮頸がんに分けられます。子宮は風船のような形をしていて、腟から続く子宮頸部と呼ばれる細い管のような部分の奥に子宮体部は位置しています。

子宮体がんは、その内部にある子宮内膜からがんが発生するため、子宮内膜がんとも呼ばれています。

子宮頸がんの多くはヒトパピローマウイルスの感染が影響しているのに対して、子宮体がんは女性ホルモンの影響を大きく受けると言われています。

子宮体がんの原因

子宮体がんの原因としては、女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモン(エストロゲン)が大きく関わっているといわれています。
このホルモンには子宮内膜の発育を促す作用がありますが、卵胞ホルモンの値が高いと子宮内膜増殖症になりやすくなります。
 
そして、子宮内膜増殖症が子宮体がんの発生につながるといわれています。特に、出産未経験者、肥満、月経不順、ホルモン療法を受けている方は子宮体がんのリスクが高くなるといわれています。
しかし、なかには卵胞ホルモンの影響によるものではなく、がん関連遺伝子の異常によって起こる子宮体がんもあります。この場合は比較的高齢者に多く見られます。
 
子宮頸がんの場合にはヒトパピローマウイルスの接触感染がきっかけになりますが、子宮体がんに関しては卵胞ホルモンが大きく関わっていることからもわかるように、他人からうつることで発生するがんではないとされています。

子宮体がんの症状

子宮体がんの症状は何といっても不正出血です。不生出血は患者さんの約90%にみられ、比較的初期から症状が現れるといわれています。比較的高齢の方に多いため、閉経後の出血がある場合には特に注意が必要です。時にはおりものに茶褐色の古い血液が混じっている場合もあります。

月経周期以外の出血や月経が長く続く、性交渉時の痛み、排尿痛や排尿困難、下腹部の痛みなどがある場合には産婦人科で相談されることをお勧めします。

子宮体がんの進行具合を表すステージ

子宮体がんは進行のスピードが比較的遅く、初期の段階で発見されることが多い傾向があります。

がんが見つかったときの進行具合や患者さんの既往歴などにもよりますが、初期の発見であれば生存率も約90%と比較的良好です。がんの進行度合いは、がんの大きさだけでなく、どのぐらいの深さまで到達しているか、リンパ節もしくはほかの臓器への転移があるかどうかによって判断します。
 
そして、その病期をステージとして表すことで区分します。病期は、手術でがんの状態を直接確認することで手術前の予測と異なる結果になることもあります。そのため、現在は2012年の子宮体がん取扱い規約で、すべて子宮体がんの手術進行期分類(日本産婦人科学会2011年.FIGO2008年)を用いています。子宮体がんの病期は、Ⅰ期・ⅠA期・ⅠB期、Ⅱ期、Ⅲ期・ⅢA期・ⅢB期・ⅢC期・ⅢC1期・ⅢC2期、ⅣA期・ⅣB期に分類されます。

 ----------------------
Ⅰ期:がんが子宮体部に限局するもの
ⅠA期:がんが子宮筋層1/2未満のもの
ⅠB期:がんが子宮筋層1/2以上のもの

Ⅱ期:子宮頸部間質(上皮の下)湿潤のあるもの

Ⅲ期:がんが子宮外へ広がるが、小骨盤腔を越えないもの、あるいは所属リンパ節転移のあるもの
ⅢA期:子宮漿膜(しょうまく)ならびに(または)付属器を侵すもの 
ⅢB期:腟ならびに(あるいは)子宮傍組織へ広がるもの
ⅢC期:骨盤リンパ節転移ならびに(あるいは)傍大動脈リンパ節への転移があるもの
ⅢC1期:骨盤リンパ節転移のあるもの
ⅢC2期:傍大動脈リンパ節転移のあるもの

ⅣA期:膀胱ならびに(あるいは)腸粘膜に浸潤のあるもの
ⅣB期:遠隔転移のあるもの
 ----------------------

子宮体がんの治療方法

子宮がんの治療方法は主に手術です。進行している場合には化学療法や放射線療法などを組み合わせておこないます。
初期の子宮体がんであり、患者さんがのちに妊娠を希望する場合には、ホルモン療法を選択できる場合もあります。
子宮体がんの手術療法は、がんの病期によって摘出範囲が決定されます。
 
通常、ステージⅠAまでの早期の子宮体がんに対しては、卵管と卵巣を含めた「単純子宮全摘出術」がおこなわれます。
 
ステージⅠ~Ⅲの場合には病期や患者さんの状態によって手術の方法が異なり、子宮、卵管、卵巣だけではなく周囲の組織や腟の一部も摘出する「準広汎子宮全摘出術」や「広汎子宮全摘出術」がおこなわれます。
この際、骨盤内や腹部大動脈周囲のリンパ節郭清もおこなわれるのが一般的です。
 
ステージⅢで手術ができない場合や、ステージⅣの場合には、摘出手術をするのではなく、放射線療法や化学療法のみがおこなわれます。

まとめ

子宮体がんは近年増加している病気のひとつです。婦人科での検診も大切ですし、先にお話しした不正出血など、いつもと違う気になる症状が見られたら、婦人科の受診をおすすめします。
 
患者さんの既往歴や年齢などの背景にもよりますが、子宮体がん自体は早期に発見すれば5年生存率が比較的良好ながんであるといわれています。ですから、やはり早期発見が最も大切な要素といえるでしょう。検診や日々の健康チェックを怠らないようにしたいものです。

生理&結婚のリアルが読める 大人気連載マンガはこちら!
  • 影日向に咲く薬剤師たちの奮闘物語
    アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
    「月刊コミックゼノン」(コアミックス)にて連載中。ドラマ化もされた本作から生理痛、低用量ピルについてを描いた回をご紹介。
    荒井ママレ さん
  • 正しい性教育とは?
    子どもたちの性問題 解決編
    「お母さんたちは入ってこないでね」ある日を境に子どもたちがコソコソ遊ぶように。一体何をしているのかー!?
    ゆっぺ さん
  • 女のドロ沼恋愛体験談!
    看護学校の友人に彼氏とられた話
    看護学校に通うアオイは、同じクラスのキラキラ女子・トシエからよく思われておらず……。アオイに嫉妬心を燃やすトシエは……
    イルカ さん
  • 「どうしよう……破けてる!」
    アフターピルを飲んだ話
    避妊に失敗したかも!と緊急避妊薬(アフターピル)を飲むことなり……。避妊や緊急避妊薬についてまとめた体験談マンガ。
    倉間 さん
  • もしかして私、嫌われてる!?
    花嫁の条件
    4歳年上の”たく”とは付き合って1年。順調に思えた交際だったけど…!?
  • 40代前半で子宮全摘!
    実録!40代婦人科トラブル
    子宮全摘手術を受けたMichikaさん。理由は大きくなり過ぎた子宮筋腫。病気の発見から手術までの日々をマンガで綴ります。
    Michika さん
  • 私がまさかの病気に…!?
    結婚まで
    大学生のもこぞーと社会人のモブ男はプチ遠距離恋愛中。やさしい彼に支えられ、平和で幸せな日々が続くと思っていたがーー。
    もこぞー さん
  • この男、クズすぎる!
    猫系?クズ男と三角関係
    コハルが新卒入社した会社で出会ったのが、3歳年上の先輩・ナツオ。一見やさしそうな彼は、実はとんでもないクズ男でーー!?
    モモ さん
  • 左胸にしこり…!?
    乳がんが見つかった話
    人間ドックと一緒に乳がん検診を受けたあと、なんと「再検査が必要」と通知が!
    宝あり子 さん
  • 彼に依存し、鬱病も発症し…
    鬱になった私が結婚するまでの話
    1女のママであるたにさん。今の幸せを手に入れるまでは大きなハードルがありました。鬱病と彼への依存で…。実体験マンガです!
    たに さん
  • 決めた結婚!でも前途多難!?
    付き合って0日で結婚を決めた2人の話
    フォロワー約25万人のえむふじん(@mshimfujin)さんが描く、夫えむしさんとの結婚するまでのエッセイマンガ
    えむふじん さん
  • まさかこんなことになるとは!?
    友達だった2人が付き合って0日で結婚を決めた話
    インスタフォロワー約25万人のえむふじん(@mshimfujin)さんが、夫えむしさんとの出会いを描くエッセイマンガ
    えむふじん さん
  • 男性恐怖症の女に彼氏ができたワケ
    学生時代の経験がきっかけで男性に恐怖心を抱くように……。"男性恐怖症"のぺいさんが、現在の彼と付き合うまでを描いたマンガ
    ぺい さん
  • 留学先で運命の出会い!?
    国際恋愛、始めました。~日台カップル~
    アメリカ留学に旅立ったみみさん。運命の男性と出会うものの、さまざまなハードルが…。台湾在住ママの実録恋愛ストーリー!
    みみママ さん
  • 恐怖の術中覚醒体験
    手術中に目覚めたはなし
    生理痛に悩まされていた稲さん。婦人科を受診したことがきっかけ、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)が見つかり……。
  • あれは、忘れもしない小5の夏休みーー
    初潮がきた日
    生理というものを初めて自分の体で体感したとき、今までの自分とは何かが変わってしまったように思えてーー。
    ざく ざくろ さん
  • 激ヤバ彼氏と別れた後に運命の出会いが!
    ヤバい元彼と別れた翌日に知り合って間もない年下男子と付き合った話
    年下男子である"旦那ちゃん"と出会ってお付き合いするまでのストーリー。ヤバい元彼とのヤバい交際期間があって……!?
    あるちゃん さん
  • 境界悪性卵巣腫瘍闘病記
    卵巣ボーダーライン
    妊娠中に判明し、現在も経過観察中の卵巣腫瘍(ステージIcの境界悪性卵巣腫瘍)の闘病記を描いたマンガ
    かたくりこ さん
  • 夜職彼氏と付き合うのは大変!?
    夜職彼氏との付き合い方
    彼氏のおむつくんは1歳下でとても甘えん坊。夜職をしている彼との付き合いは思ったよりも大変で…!?
    大福 さん
  • PMSを治したい!!
    PMSがひどいので病院に行ってきました
    PMS(月経前症候群)に悩まされるまゆさんが、ついに限界を感じ、病院に行ったとき実体験を描いたマンガです。
    まゆ さん
  • 無性に先が気になっちゃうムズキュン馴れ初めストーリー
    さく坊 夫との馴れ初め
    栄養士専門学校で、のちに夫となる男性と出会ったさく坊さん。しかし2人の関係はなかなか深まらずーー。
    さく坊 さん
  • アラサーこじらせ女の婚活体験記
    結婚相談所に入会してすぐに退会した話
    28歳で転職し、仕事ばかりの生活にふと将来の不安をおぼえたまのりさん。意を決して結婚相談所の門を叩く!
    まのり さん
  • え…まさか私ががん!?
    子宮頸がん疑いで人生初手術をした話
    ごく普通のOLだったある日、健康診断の結果が配られて…。現在妊娠中の筆者が、子宮頸がん疑いで人生初手術をした記録。
    大福 さん
  • まさかの産後1年で!?
    ガンになっちゃった!?
    マルコさんは10年前、子宮頸がん疑いで手術をした経験が。そのとき長女は1歳。どう向き合い、なぜ手術したかを綴ったマンガ。
    マルコ さん
  • こんな思いをする子を1人でも救いたい……!
    「生理の貧困」を知っていますか?
    生理の貧困は様々な理由で生理用品が入手困難な状態を指しますが、その理由が家庭環境であることも。そんな体験をした女性の物語
    まめねこ さん
  • 独特のタッチで描く巨大筋腫との闘い!
    巨大筋腫ができちゃいました
    長年悩んでいた生理症状で受診したら、次から次へと婦人科系の病気が判明し、最終的にはなんと巨大筋腫が見つかって…!?
    さやかわさやこ さん
  • まさか私が婦人科トラブルにあうなんて
    子宮内膜症日記
    強い下腹部痛や性交痛に耐える「も」さんの闘病マンガ。健康診断で子宮内膜症であることが判明して……。
  • うそでしょ!?私ががん!?
    23歳でがん!?
    23歳のときに不正出血をきっかけに受診したえみこさん。なんと子宮頸がんであることが判明!5年間の闘病体験マンガです。
    えみこ さん
  • シャイ女子が恋をした
    超絶シャイな私が会社の元先輩と結婚する話
    気づけば22歳。結婚できる気がしない!そんなとき職場で先輩に出会って…!? むずキュン馴れ初めストーリー♡
  • アラフィフ・ワーママが描く
    閉経かも!?婦人科に行ってみた
    ふと生理日管理アプリを開いたところ、3カ月も生理がきてないことに気がついた!「もしや閉経では…」と婦人科の門を叩くと…?
    さとまる さん
  • PMDDの症状が出ると急にポンコツになってしまい…
    PMDDの症状でポンコツ化した私
    PMDD(月経前不快気分障害)の症状と向き合いながら、家族で過ごす日常生活を描いたマンガ
    なおたろー さん
  • 病気の判明から、手術に至るまで、入院生活を綴る
    卵巣嚢腫日記。
    生理周期の乱れ、不正出血などの症状が急に起こり婦人科を受診してみたら…。卵巣嚢腫の判明・手術・入院を綴ったマンガです。
    いとうちゃん(厭うちゃん) さん
  • まさかの痔から!?
    なめてはいけない!子宮内膜症治療レポ
    インスタフォロワー12万人越えの人気ブロガーつんさん。ある日判明した子宮内膜症の治療を独特の視点で描きます。
    つん さん
  • 検診体験レポート
    27歳、はじめての子宮頸がん検診
    ラストレーター・デザイナーとして活動されているもちみかんさんがつづる、はじめての子宮頸がん検診体験談!
    もちみかん さん
  • 決死のプロポーズ大作戦!
    プロポーズされたい!
    結婚を前提にお付き合いを始めたはずなのに、彼は本当に結婚を考えてくれているの?「プロポーズされたい!」と奮闘する体験談。
    サヤカ さん
  • それってプロポーズ!?
    失敗プロポーズ
    美大で出会い恋を育んだふたり。実はプロポーズに2回失敗していて…!?理想のプロポーズまでの紆余曲折を描きます。
    雛田あゆこ さん
  • 彼からプロポーズをもらいたい!
    プロポーズ待ちの私が…した話
    同棲を始め、結婚を意識し始めていた2人。しかし、彼からはアクションがなく…プロポーズしてもらうためむぎさんがとった行動は
    むぎ さん
  • まさかのプロポーズドタキャン!?
    プロポーズが最悪だった話
    結婚、出産と将来のことを考えるようになり、彼に話すと彼からプロポーズ予告宣言! しかし、当日は"最悪"の展開で――!?
    まめ さん
  • 10、20代のときの向き合い方
    生理不順と私
    2人の娘さんのママであるようみんさんは高校生のころから生理不順。当時はあまり重く捉えていなかったものの…。
    ようみん さん
  • 悪性って…つまり乳がん?
    乳がんが告知された日
    乳がんが見つかってから現在までを描いた、実体験の漫画。「乳がんが見つかった話」の続編です。
    宝あり子 さん

トラブル・病気カテゴリーの最新記事